ページトップへ

寒くなると発揮される外断熱の暖かさ | ブログ | 外断熱 東京 注文住宅 長期優良住宅 黒柳建設

スタッフブログ

こんにちは、東京都小金井市で外断熱・涼温な家を建てる工務店、黒柳建設の国策担当/WEB担当/システム管理者/営業/現場監督/アフターメンテナンス/OB顧客様係/アパート経営セミナー講師/ビットコイン業務担当の黒柳一聡です。

 

小金井地域のリフォーム・リノベーション、断熱改修、不動産相談なら住まいのクロケンにご相談下さい。

 

涼温な家の新築、涼温換気リフォームのお問い合わせ・ご相談は、黒柳建設まで!

 

 
 
 

寒さに特に強い外断熱の高気密高断熱住宅

これまでのOB顧客様が口を揃えて言われるのが、冬の暖かさです。
 
これに関しては、外断熱住宅から普通のアパートへ都落ちした自分も、全くもってその通りと膝を打って全面的に大賛成です。
 
とにかく体感の暖かさが違います。
 
エアコンで空気だけを温めただけでは、窓を開けると暖気が逃げて寒くなってしまいます。
 
ところが、家全体が保温されている外断熱の家は一瞬空気が冷えるものの、基本的には寒くなりません。
 
 
 
 
無料・無制限・無尽蔵な太陽暖房
それどころか、南側の窓(開口部)からは冬場の日差しが室内を暖めてくれます、しかも無料で!!
 
これを「太陽暖房」とか「お日さま暖房」なんて呼んだりするのですが、これがなかなか無視できないほどの効力が発揮します。
 
冬場の太陽は南中高度を含めて、低い位置に昇るので庇や屋根で遮られずに室内に入ってきて、床や室内を直射日光が暖めます。
 
できれば、日差しが当たる部分に石やコンクリートなどの蓄熱体を置ければ、その効果はもっと高まります。
 
南側に室内土間やタイル床を採用するのも効果的です。
 
東京では土地が狭いので、南側に建物が建っていることもしばしばなので、南側に吹き抜けを配置して2階から太陽光を入れ込むという手段もよく取ります。
 
 
 
 
ガチで騙される冬
東京の冬は、気温が下がり風が冷たくなる代わりに、晴れ間が続き乾燥するという特徴があります。
 
家の中から暖かな外の日差しを見て「お、今日は暖かそう」と思って外に出てみると、実は木枯らしが吹き荒れていてとてもコート無しでは出かけられない、なんてこともしばしばです。
 
内外温度計や、外部の温湿度計を使って、外の気温を確認してからでないと、冬の日差しに騙されてしまう、というのはOBのお施主様の「あるある」です。
 
それだけ、高気密高断熱の暖かさに身体が慣れてきているということでしょう。
 
 
 
 
寒さ対策は健康増進!!
冬場の生活環境の暖かさは住む人の健康に直結している、という公の発表が今年の初めに国土交通省の報告会でなされました。
 
因果関係にかなり専門的な知見がありましたが、概ね私たちが体感したりOBのお施主様とお会いしてヒアリングして感じてきた通りです。
 
その裏付けを国が数千件というデータを取ってくれたのですから、とても強力なエビデンスが得られたと言えます。
 
ただまだまだなかなか一般のお客様には伝わりにくいところで、体感したことが無いと分かりにくい部分でもあります。
 
知らない人は一生涯知らないままということもあると思います。
 
ただし、一度体感した人は口を揃えて「前の家には戻れない」と言われます。
 
 
 
 

多分自分が一番身に沁みている

そんな話を聞けば聞くほど、都落ちしてしまった自身がやや切なくなりますが、これはこれで有益な実証実験の真っ最中だと開き直ることにしています。
 
もちろん、この話をOBのお施主様にすればするほど、皆さんかわいそうな人を見る目になってしまうのは仕方のないことです。
 
 
 
黒柳建設が建てた外断熱の賃貸併用住宅のアパートに、本気で引越したいなぁなんて思います。
 
立地の問題もあるので、そうそう上手い話にはならないのですけどね(笑)
 
 
 
本日も最後までスタッフブログをお読み頂きありがとうございます。
 
黒柳建設のスタッフブログは「月・土曜日」に更新しています。
 
よろしければ次回もまたお立ち寄り下さい。
 
ご意見ご感想ご質問などありましたら「お問い合わせフォーム」をご利用下さい。
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
前月 翌月

アーカイブ

バックナンバー