ページトップへ

FP相談で借りられます返せます | ブログ | 外断熱 東京 注文住宅 長期優良住宅 黒柳建設

スタッフブログ

こんにちは、東京都小金井市で外断熱・涼温な家を建てる工務店、黒柳建設の国策担当/WEB担当/システム管理者/営業/現場監督/アフターメンテナンス/OB顧客様係/アパート経営セミナー講師/ビットコイン業務担当の黒柳一聡です。

小金井地域のリフォーム・リノベーション、断熱改修、不動産相談なら住まいのクロケンにご相談下さい。

涼温な家の新築、涼温換気リフォームのお問い合わせ・ご相談は、黒柳建設まで!

  

 

先日、黒柳建設主催のセミナーを開きました。

外部から講師の方をお招きした「住宅ローンセミナー」と、社長の「健康と住宅」基本講座の二本立てです。

外部講師の方は、普段あまり考えることのない「お金」について、非常にわかりやすく話して戴きました。

 

 

セミナーを聞いて考えたこと

ここ数年、工務店仲間の人たちと話をすると、厳しいという声がよく聞こえます。

もちろん黒柳建設も例外ではありません。

どう厳しいのかはそれぞれ事情が違うのですが、注文住宅を求めるお客様の変化に私たちが対応しきれていないように思えます。

そのことについて、工務店ができることと具体的な解決策とを合わせて考えています。

 

 

 

住宅ローンをどう借りる?

正直に申し上げますと、住宅に対する予算の掛け方が変わってきたように感じます。

これまでは銀行で「これだけ住宅ローンが借りられます」と示された額を予算の上限とすることが多かったのですが、そこから更に抑えた額をお客様独自の予算リミットとしているのです。

仮に住宅ローンが十分に組めても、お客様が設定した予算の上限が厳しいのです。

このことは周囲にヒアリングすると、かなりの数の社長が声を揃えて言います。

巷では「不動産格差」や「負動産」などといった言葉や、両親が残された郊外の実家を持て余している話も聞かれますので、住宅を取得することへの抵抗感があるのだと思います。

 

 

 

低金利時代のローンの活用

特に今は低金利の時期ですから、ある程度の年収の方はそこそこの住宅ローンが組めて、「家を建てるなら今」なんて言われていたりします。

同様に企業も融資が低金利なので、「設備投資をするなら今」と言われています。

ですがこのような抵抗感があると実際はどうなのかと言うと、お客様は住宅予算が膨らむのを抑えています。私たちのような中小企業が設備投資に積極的にならないのと同じですね。

 

 

 

心配は理屈じゃない

確かに理屈では安い利息で融資を受けて一気に攻勢に出て、借金は長い時間を掛けて返すことで、ぐっと成長したり利益を最大化させるのは理にかなっています。

問題はその売り上げの見通しが見えな過ぎるので、どうしても躊躇してしまう点です。

この私たち零細工務店の心境は、そっくりお客様の心配と同じなのではないでしょうか。

 

「そんなに住宅ローンを借りて、もし将来返せなくなったらどうしよう」

「子育ても老後も、これからお金が山ほどかかるから節約しよう」

「土地はともかく、建物は資産価値が残るわけじゃない」

 

などの心配は自分ごとのようによくわかります。

一つ一つ反論はできますが、理屈ではなく感情の問題なので、どうしようもありません。

ただ、これらの不安や心配には根拠がないというのも事実です。

将来どうなるかも、これからお金がいくらかかるかも、建物の価値も、その他たくさんの心配事も、そうかもしれないし・そうじゃないかもしれないのです。

「できる」と「できない」は表裏一体です。

どちらも等しく根拠がありません、初めてのことならなおさらです。

 

 

 

実際「大丈夫」なんですか?

ではどうすればいいのか。

お客様が安心してマイホームという夢を形にできるよう、私たちはしっかりとした根拠を示して「大丈夫ですよ」と勇気付けることではないでしょうか。

未来のことは誰にもわかりません、それでもより良い未来を選び取って頂くために、住まいに関しては諦めて欲しくない。

まずは「お金」の心配が少しでも軽くなるよう、一つの解決策を黒柳建設はご提供します。

 

それは、「借りれます・返せます」がしっかりわかる、簡易・詳細なシミュレーションです。

FP(ファイナンシャル・プランニング)を用いて、適切な住宅ローンの借り方・返し方をシミュレートします。

ご希望に応じて、住宅ローン特化の簡易版と、生活全体まで見ることのできる詳細版の2種類のシミュレーションをご用意しています。

 

住宅FPで出来ること
  • 住宅ローンをいくら借りれて、いつまでに返せるか
  • 賢いローンの返し方と貯蓄を両立する方法
  • 今と数年後のどちらが得かの判断
  • 将来のリフォーム・メンテナンス費用の準備の仕方
  • ローンを返すのと運用に回すの違い
  • 住宅ローンを返しつつ教育費を貯蓄する方法

 

これだけのことが見える化できる住宅FPですが、私たち工務店が行うとどうしても「家を買ってもらいたい」感が透けて見えてしまいます。

 

 

 

これまでのOB顧客様にも

ただ始めて気付いたのですが、これから家を買う初来訪のお客様だけでなく、今まさに住宅ローンを返済しながらマイホームに住まれている、これまでの既存OB顧客様の方にもシミュレーションの要請はありそうです。

実際にあるOB顧客様とは、たまたま「今はこんなことやってるんですよ~」という話から、資金計画の見直し・確認をしてみようという話になりました。

「そろそろ塗替えのリフォームしたいんだけど、予定よりお金がね~」

なんて仰っていたので、問題が解決すれば外装リフォームの受注につながるかもしれません。

 

 

 

FP相談だけでも・・・

住宅を購入するにも、マイホームの修繕をするにも、まずは資金をどう用意するかが大切です。

お客様のそうした資金計画の一助となれば、ぜひドシドシとご利用して頂きたいと思います。

シミュレーションの仕様上、ヒアリングにお時間を頂きますが、お問い合わせ頂ければFPシミュレーションだけでもお伺いいたします。

こんな黒柳建設の取り組みを、よろしくお願い致します。

 

 

本日も最後までスタッフブログをお読み頂きありがとうございます。
 
黒柳建設のスタッフブログは「月・土曜日」に更新しています。
 
よろしければ次回もまたお立ち寄り下さい。
 
ご意見ご感想ご質問などありましたら「お問い合わせフォーム」をご利用下さい。
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
前月 翌月

アーカイブ

バックナンバー