ページトップへ

大切なのは住み心地 | 外断熱 東京 注文住宅 長期優良住宅 黒柳建設

大切なのは住み心地

大切なのは住み心地

幸せになれる家を建てて生活していくためには、まず最初に住み心地のことをしっかりと考えなくてはなりません。なぜなら住み心地は、生命を守ることと、財産を守ることの両方に非常に大きな影響を及ぼすからです。
 

住み心地は生命と財産を左右する

生命(健康)を左右する住み心地

夏の暑さ冬の寒さに対する住宅の住み心地(快適性)は住む人の心と体に大きな影響を与えます。夏はうだるように暑く、冬は底冷えする程寒く、梅雨はジメジメしている。そんな家で健康に生活できるでしょうか?気持ちよく笑顔で家族が顔を合わせられるでしょうか?帰ってきてホッと心安らぐでしょうか?オシャレで使いやすいキッチンも、いざという時のための耐震構造も大事ですが、暑さ寒さ対策は日常の快適さを保つためには欠かすことができません。
 
  • え、でもそれはエアコンとかで調節すればいいんじゃない?
  • そうねぇ夏はすだれとか緑のカーテンでお日様を遮ればいいし
  • 冬は厚着して暖房すればいいしな
  • あ、でも床暖房は欲しいわね
 

冷暖房頼みのエネルギー浪費住宅

確かにそれが今までの住宅の暑さ寒さ対策でした。でもそれって過ごしやすい快適さとは程遠いですよね。家が暑いからクーラーをかける、寒いからストーブをつける、湿気っぽいから除湿機をかける。しかしそれは場当たり的で、その場しのぎの解決策です。しかもせっかくエアコンをかけても切ってしまえば元どおりになってしまいます。それではとても快適とは言えません。魔法も使い続ければ魔力を消費し続けるように、機械も使い続ければ電気を消費し続けます。いくら機械の力で無理やり快適にしても、電気代がバカみたいにかかってしまうのはお財布にも地球にも優しくありません。
 
冷暖房で体調を崩す
そして何より、エアコンによる冷暖房は気持ちよくないのです。エアコンは暖かい・涼しい空気環境を作ることはできますが、
自然な環境ではないので全体的に不快です。暖房してても床が氷のように冷たかったり、ムワっとした部屋でキンキンに冷えたクーラーの風に当たり続けると、不自然な環境に自律神経が不調をきたし、体調を崩す原因になります。
 
魔法瓶の家・高断熱住宅
そもそも、家の中の温度が外の温度に近づくことが良くないのです。ならば家の外の温度が伝わりにくい、家の中の温度を逃さない、魔法瓶のような作りで家をスッポリ覆ってしまえば良いのです。そうすることで建物の中が暑くなったり寒くなったりしにくくなります。魔法瓶の水筒のように、熱い飲み物は熱いまま、冷たい飲み物は冷たいまま、ある程度の時間その温度を保ってくれるのです。、暖め直すのも冷やし直すのに必要な冷暖房も最小限で住むのです。
 
  • え、そんなことできるの?
  • あ、なんか聞いたことあるかも、断熱っていうやつ?
  • ああそういえばマンションとかはそういうのあるみたいだね
  • でも普通の家には無理なんじゃないの?
 

外断熱の優位性

そうです、その通り!断熱です。
「熱を断つ」と書きますが、正確には熱が伝わりにくくする、という意味です。家の中と外の間に断熱材を挟み、暖かい(涼しい)熱を逃さないようにするのです。特に外断熱工法は、柱などの建物躯体の外側に断熱材を貼り付けるので、柱や基礎までをすっぽりと断熱材で覆う工法です。外断熱の利点は、家全体を均等に断熱材で覆うので、断熱のムラや切れ目がほとんど無く、構造自体が断熱空間内に置かれることで、熱がより逃げにくくなります。
 
そこに最小限の冷暖房で温度を調節することで、夏涼しく冬暖かく梅雨爽やかな、快適に過ごせる温熱環境が建物の躯体全体に得られます。床下も、屋根裏も、壁の中も、全体が同じ環境なので家中どこでも同等の室温となり、温度差の不快感が激減します。
 
カタログスペックだけの内断熱(充填断熱工法)
今の建物は法律で断熱基準が決められており、今の家はある程度の断熱性能を持っていることが当たり前なのです。実際はともかく、カタログスペック上では全て高断熱住宅と言えるでしょう。壁の中、天井裏にグラスウールを詰め込み、ビニールで密封しただけの断熱層の厚さだけで法律はクリアできてしまうからです。基準をクリアしており、きちんと施工できていればそんなに問題ではないのですが、その「きちんと施工」がとても難しいのが内断熱の欠点です。
 
詰め込み式の断熱方法は隙間ができやすく、断熱ムラや隙間風の原因になります。また断熱部分とそれ以外で熱の逃げ方が違うので、熱の逃げ道ができやすくなる問題があるのです。断熱材をいくら分厚く詰め込んでも、隙間があっては意味がありません。また、内断熱ではその隙間から水蒸気が断熱層に入り込み、結露を生じさせてカビや腐れの原因になります。窓の周りのように外気と接している部分、キッチンや燃焼式ストーブのように水蒸気が発生する部分では、特にその危険性が生じます。その結果、柱や梁にカビが生じたり、腐ってしまったり、白蟻に食われてしまったりと、家の構造にも影響します。
 
スペック通りの外断熱(外張り断熱工法)
逆に外断熱では、柱の外に貼り付けた断熱材自体が気密性を持っており、気密テープで断熱材同士の継ぎ目を塞ぎます。ですから、隙間や熱の逃げ道がほとんどなく、建物全体の隙間は気密測定試験で実際に建物1棟1棟測定しています。この建物の気密性能は断熱性能に大きく影響し、外断熱は気密性能にも優れた数値を発揮します。
 
クロヤナギ王国の大工魔法使いたちは、一度外断熱を経験してしまうと内断熱は気密が取りにくくてしょうがない、一生懸命大工魔法で気密を取ってもどこかしらに隙間があったりしてとても取りきれない、といつも言っています。ちなみに気密測定試験は、大工魔法使いたちにとって成績発表のようなもので、試験当日はソワソワしています。結果に一喜一憂して、特に良い数字が出た建物のことはずっと覚えています。逆に数値が悪かったら、必死で見落とした隙間を探して再試験をねだってきます。その結果、黒柳建設の建物は標準でC値1.0以下をお約束しており、0.5程度は当たり前の感覚です。0.3を切ることも珍しくはありません。これは家全体の隙間が大体ハガキ1枚より小さいくらいです。
 
  • へぇー、そうなんだ
  • ほら前に住宅展示場で見たじゃない
  • ああ、高気密高断熱って言ってるやつね
  • そうそれそれ、なんとか基準クリアとかってやつ
  • それに外断熱と内断熱って、どっちでもいいってわけじゃないんだ
  • そうだよなぁ、カタログスペック通りに建つとは限らないもんな
  • でも気密性能ってあんまり聞かないね
 
 

今の基準は15年前にクリア済み

そうです、その通り!現在の最新の断熱基準を、我々は平成25年断熱基準と呼んでいます。
基準自体は15年以上前からあったのですが、最近ようやく義務化に向け動き始め、基準を満たさない家は近い将来(2020年適合義務化予定)建てられなくなります。ちなみにこれはちょっとした自慢なのですが、黒柳建設では基準ができた直後の2000年頃からこの基準を超える家をずっと建ててきたのです。お引き渡しをしたお客様は3桁を数え、この規模の工務店としてはまずまずの成果を上げています。もちろん上には上がいらっしゃいますし、クロヤナギ王国の魔法使いたちも、まだまだ毎日研鑽を重ねています。
 
断熱が快適を生み出し健康を維持する
その経験からほぼ断言できますが、断熱性能と快適性は明確に直結しています。私も10年以上クロヤナギの家に住んでいてはっきりとそれを実感しています。夏はサラッと涼しく、冬はホワッと暖かい。年中裸足で歩いていても平気ですし、冬用の羽毛布団はしまいっ放しです。外が猛暑日でも、軽くクーラーと扇風機をかけるだけで、そよそよと気持ちいい。汗を掻いても、シャワーを浴びればスゥーっと汗が引きます。梅雨でも洗濯物を室内干しして湿気ったり臭くなったりしません。もう昭和の頃に住んでいた家はなんだったんだろう、ってぐらい違います。
 
  • え、Mr.ロークもクロヤナギの家に住んでるの
  • へぇー、10年先を進んでいたんだー
  • でもでも法律で義務化されたってことは今はどの家も変わらないってこと?
  • そうなるのかなー、時代が追いついて来たはいいんだけどね
  • やっぱり震災の影響が大きいんじゃない
  • ああー、停電とかあってビックリしたもんなぁ
 

健康が医療費を軽くする

 そうです、その通り!あの大震災は我々の家づくりにも大きな影響を与えました。
特に原発事故の影響でエネルギー関係の政策が急速に進み、家庭の消費電力を削減するために断熱基準が義務化されたと言っても間違いないでしょう。過ごしやすく快適に生活するためには電気を食う、そういう家を建てられなくして電力消費を抑えようという狙いなのだと思います。しかし、快適で健康になって助かるのは光熱費だけではありません。
 
光熱費削減して、医療費も削減!?
そもそも生活するのに快適な空間で元気に健康で暮らしているとなると、体調を崩したり病気になったりする機会も減るということです。当然、病院に行く回数も減り、そのためのお金や時間が無駄にならなくて済みます。学校や会社を病欠することも少なくなり、予定外の出費や埋め合わせも少なくなります。そういった未然に防げたので発生しなかった医療費や時間も節約できることになります。
 
建物の断熱性能の向上と「見えない」医療費の削減の関係を表した試算もあるようです。なかなか因果関係を明確にするのが難しいのですが、ピンピンコロリの先生みたいにきちんと研究をしている日本の学者さんも大勢いらっしゃいます。クロヤナギ王国の王立アカデミーでも研究させているのですが、データ収集と分析が難しく発表できるレベルには全然至りませんけどね。
 
実証が難しい断熱と健康の因果関係
でも、高断熱の家に住むお客様を訪ねますと、皆さん特に同居しているおじいちゃんおばあちゃんが高齢でもお元気に暮らしていますよ。私も高気密高断熱の外断熱の家に住んでいて、前の家に住んでいた頃と比べて、10歳以上歳をとっているのに、明らかに風邪を引く回数が減りました。これが子どもなら体が丈夫になったと言えるのですが、私はとっくに還暦過ぎですよ。これは間違いなく健康で快適だと、胸を張って言えますね。
 
しかし、反面データとか証拠となると皆さんがご納得できるものに乏しいのが残念です。それに、快適さって数値では表しにくい指標ですしねぇ。間違いなく快適で素晴らしいものなんですが、住んでみて初めて実感できるので、経験したことがない方におわかり頂くことが本当に難しいのです、ホントもどかしい思いですよ。
 
  • そんなー、それじゃあ私たちにはわからないってこと?
  • 確かにハウスメーカーのカタログにも、スペックばかりで、ワケ分からないんだよな
  • そんな目に見えないあやふやな物に、お金は掛けられないよねぇ
  • 住み心地とか快適さは重要だとは思うけど、なんかなぁ
 
 

理解しづらい住み心地の大切さ

そうです!おっしゃる通り、住み心地の大切さは皆さん大事だと理解はされているのですが、目に見えない部分なので実感して頂くのが本当に難しいのです。いくつかの研究結果や試算は出ていて、我々は「なるほど、確かにそうだ」と思うのですが、一般の方に「コレはっ!」と思ってもらえる決め手に欠けているんです。
 
それに住んでみないとわからないということは、住まなかった方はずーっと知らないままなので、不満とかクレームが出にくいところでもあるのです。一度体感して上質の住み心地を味わうと、もう前のような家には住みたくない、となってしまうくらいなんですけどねぇ。
 
住み心地を間接的に表す数値
以前は建物の断熱性能を表すQ値、気密性能を表すC値がよく使われていましたが、現在では同じく断熱性能を表すU値が使われています。気密性能は最近あまり話題にならなくなり、目にしませんが重要な数値です。また、最近では建物の燃費を表すkWh/m2も使われ始めています。これらの説明は物理学の範囲ですので、詳しくお知りになりたい方は当社においで頂ければクロヤナギ王国の王立アカデミー研究員Dr.ロークからご説明いたします。
 
ちなみに、数字だけ言っておくと、平均U値は0.5~0.6、Q値は2.7以下、C値は0.5前後(実測値)が黒柳建設の建てる家の一般的な性能です。これらの数値は小さければ小さいほど断熱・気密性能が高いことを示しています。カタログスペックを比較される際は参考までにどうぞ。また、ご希望があればさらに断熱補強を行ってさらに断熱性能を高めることも可能です。クロヤナギの家は外断熱で断熱していますので、躯体内にさらに断熱を追加するスペースが用意されています。屋根面だけ、壁だけ追加する、といった方法も立地や環境によっては効果的です。
 
  • ふーん、なんか数値が出てくるとそれっぽいね
  • そうね、標準スペックがわかるのはいいけど・・・
  • そうだね、やっぱりよくわかんないや
  • そうそう、わかったのは住み心地が大事ってことくらい?
  • なんか家を建てた人からそんな話聞いたことないよね
 
 

ドイツでは建てられない、人権侵害の家!?

そうです!おっしゃる通り、住み心地と断熱性能に関する周知が遅れているのが現状です。これは住宅業界の中でもそうですし、隣接する不動産業界や土木建設業界はもっとそうです。しかし、ご存知でしたか?ヨーロッパではある一定の気温以下になってしまう住宅は、人が健康で快適に生活をする基本的人権を満たしていない、人権侵害の住居だとして、売ることも貸すことも建てることもできないのです!
 
実際、私もドイツに視察に行ってたくさん勉強してきました。ドイツを含めた北欧やEUでは日本よりもずっとずっと進んだ断熱基準で家を建てているのです。
 
ドイツ視察で学んだ住み方の違い
ドイツには2012年の年末、ちょうどクリスマスシーズンに8日かけて行きました。雪が降っていて街並みがクリスマス一色でとっても感じが良かったです。気温は0度前後、緯度は北海道よりも北にありますのでとても寒かったのを覚えています。ですが泊まったホテルも食事をしたレストランも見学した住宅も、どれも寒さを感じない暖かいつくりでした。何故だと思います?
 
 
  • うーん、暖房がしっかりされていた?
  • わかった、ズバリ断熱なんでしょ
  • いやいや断熱だけじゃ無理だろ、やっぱり暖房だよ
  • いいえ、断熱よ、断熱なんでしょ
 
 

超断熱重視、衝撃的なドイツの家づくり

そうです!その通りです。断熱と暖房、その両方がしっかりと効いていたんです。
まずドイツには地域暖房という仕組みがありまして、地域の工場とか焼却場なんかで出る熱を温水パイプを通して各建物・家庭に送ってるんですね。他にも林業の廃材を加工して燃やすペレットストーブやボイラーが効果的に使われているんです。そしてその熱をしっかり溜め込んで逃さないのが、建物の断熱性能です。厚さ20~30センチの断熱材が壁や天井にこれでもかってばかりに入ってるんです。あれは入っていると言うよりも、断熱材の外に屋根や壁を作ってるって感じでしたね。今まで日本の家しか見たこと無い感覚では、うわっ、これ本当に!?って目を疑うくらいの超断熱重視な家づくりでした。
 
ドイツの家、日本の家、優劣は!?
こういう風に言うと、ドイツの家はスゴくて日本の家はダメだ、なんて極端な結論に傾きがちですが決してそうではありません。家全体の断熱や省エネという面ではドイツが先を行っておりますが、日本の家は住宅設備や材料、耐震設計などの面で優れています。そこのところは誤解しないで下さい。日本は個別の細かいところが優れていて、全体的にはチグハグっぽくなってしまう。ヨーロッパは全体の調和は取れているのですが、細かく見ると結構雑な感じ。そういった印象を受けました。
 
実際、日独の国交省級省庁同士による技術提携では、ドイツは断熱技術を、日本は省エネ設備をそれぞれ交換し合うという形で話が進んだそうです。
 
 
  • ふーん、ならドイツの断熱技術を上手く取り入れればいいんじゃない
  • そうね、別にドイツの家に住みたいわけじゃないしね
  • そうそう和室に暖炉は作れないだろ
  • まあそもそも生活スタイルも違いすぎるしね
 
 

ドイツの断熱技術と日本の省エネ設備の融合

そうです!日本とヨーロッパには違いが多すぎて、ドイツ型の住宅をそのまま日本に持ってきたとしても日本人の生活には合いません。そもそも、向こうの建物は同じ木造でも、構造が違います、法律が違います、コストが違います、住む人が違います。ですが、言われたようにドイツの断熱技術や考え方を取り入れることは可能です。それぞれの良いところを上手く取り入れて、本質を理解して組み合わせることができれば、日本に合った住み心地の良い家が建てられます。
 
黒柳建設でもドイツから導入した建物の燃費を表すエネルギーパスを取り入れたり、日本の国土交通省の実験住宅LCCMを視察したり、太陽光発電・燃料電池エネファームを設置したりと、海外の断熱気密部材を使ってみたりと、情報収集と実践に取り組んでいます。
 
住み心地を求めてドイツまで行ったら、国際情勢を意識するようになった
ヨーロッパではチェルノブイリ原発の事故以来、エネルギー政策が国の安全保障に関わる重大な問題として、市民も非常に関心を抱いています。北海油田はイギリスが、天然ガスはロシアが押さえているので、ヨーロッパのエネルギー事情も相当に複雑です。北海道より北にあるヨーロッパでは冬場の暖房エネルギー源の確保は毎日の生死に関わる大問題です。例えばドイツやオーストリアは原発を全廃する方向で、太陽光発電や木質ペレットなどの自給自足可能なエネルギーへの転換を進めています。
 
中東の原油に頼っている日本でも過去にオイルショックがあり、以来原油の安定調達に努めていますが、エネルギー源を輸入に依存した生活は決して安泰なものとは言えません。原油に代わる安定したエネルギー源として利用を進めていった原子力は、今では大変な状況になってしまいました。
 
 
  • じゃあ住み心地って個人だけの問題じゃ済まないんだ
  • 確かに今まで電気代ガソリン代は意識したけど、言われてみれば大事なことなんだな
  • 住み心地を大切に考えるってそういう面もあったのね
  • 夏冬は冷暖房をかけるから電気代がかかるのは仕方ないと思っていたけど
  • そもそも電気代が値上がりしたら、家計へのダメージも酷くなるのね
  • そういや電気代値上がりしたもんな、この先まだまだ値上がりするのかな?
  • そうか、断熱がしっかりした家なら、電気代が上がっても影響が少ないんだ
  • そのうえ健康で快適な生活だったら言うことないじゃない
  • 建てる時に断熱部分にお金をかけるか、建ててから冷暖房でお金がかかるか、の違いってことか
 
 

上昇を続けるエネルギーコスト

そうです!おっしゃる通り、電気を安定供給してきた原子力発電所が震災以降全面休止したので、電気代が徐々に上がってきています。そして今後も値上がりを続けるだろうと予測されています。実際、過去30年で電気代は上昇の一途を辿って来た歴史がありますので、説得力は非常に強いですね。ある試算では30年後の電気料金は現在の3倍になるとも言われています。
 
電力小売自由化、自然エネルギーへのシフトで先行しているドイツでは、電気代が非常に高くなっており、ドイツ国民は基本的には受け入れていますが不満が無いわけではありません。一部の投資家や農家のような土地持ちが自然エネルギーに投資をして利益を得ているのに対して、その負担が集合住宅などに住む大勢の国民によって賄われているからです。日本でも太陽光発電の売電価格を消費者が負担する仕組みになっているので、こういった流れになるのでは、との懸念も出ています。太陽光関連は今一番確実でリターンが見込める投資と言われているくらいです。
 
使った電気代に応じて太陽光課金額がかかる仕組み
皆さんのご家庭に届く電気代の検針票に小さく「再エネ賦課金」の文字がありますね、これが皆さんが負担している太陽光発電の売電価格の元になっています。その額は電気の使用量に比例して高くなり、単価は毎年改定されています。太陽光発電の発電量が多くなればなるほど、当然単価は上昇します。「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」が始まった2012年度は0.22円/1kWh(標準家庭月額66円)でしたが、2015年度は1.58円/1kWh(標準家庭月額474円)と、7倍以上に値上がりしています。このまま固定価格買取制度が続き、太陽光発電の発電量が増えると2030年度には標準家庭の月額が900円近くに上ると試算されています。その代わり、燃料価格などの影響を受けにくくなることが期待されているので、電気代全体では下がることもあり得るとも言われています。ですが将来、電気代や再エネ賦課金の価格がどうなってしまうかはわかりません。ですからできるだけエネルギーを使わずに快適な生活ができるよう、住み心地についてしっかりと考えなくてはなりません。
 
住み心地は、健康、家計の両方に大きく影響する
 いかがでしたでしょう。ここまでのお話で、住み心地を大切に考えることがなぜ重要なのかがお分かり頂けたと思います。住み心地とは単に個人的な快適さの追求だけにとどまらず、ご家族の健康や、毎日の電気代、果ては世界のエネルギー問題にまで話が及ぶ規模の問題です。新しい家を建てるタイミングだからこそ、今のことと先のことを考え、子どもたちにより良い未来を残せる選択をして頂けたらと願ってやみません。そのためには機械に頼った省エネしかできないスマートハウスより、高気密高断熱の外断熱工法で建てた高性能な家が最適であると私たちは考えています。
 
そのことを一人でも多くの方に知って頂きたい、一人でも多くの方に住んで頂きたい、そして一人でも多くの方に実感して頂きたい。そうすれば子どもたちに残せる未来は少しづつ良い方向へ向かって行く、子どもたちに残せる家は将来彼らのためになる。そう信じて、今日も事務所で、現場で、クロヤナギ王国の魔法使いたちは家づくりの魔法を振るっています。
 

住み心地をしっかり考えることは、ご家族の健康を守ることと、財産を守ることの両方に繋がるのです