ページトップへ

「家づくり相談会」開催中
土地が決まってなくても大丈夫!家づくりを始める際に聞いておきたいお悩みにお答え致します
土地未定の方・敷地でお悩みの方・他社のプランに納得出来ない方、お悩みをお聞かせ下さい!アポなし・匿名希望でも大歓迎です! | イベント予告 | 外断熱 東京 注文住宅 長期優良住宅 黒柳建設

イベント予告

「家づくり相談会」開催中
土地が決まってなくても大丈夫!家づくりを始める際に聞いておきたいお悩みにお答え致します
土地未定の方・敷地でお悩みの方・他社のプランに納得出来ない方、お悩みをお聞かせ下さい!アポなし・匿名希望でも大歓迎です!

  • 日時土日・祝日不定期 弊社営業時間内 詳しくはお問い合わせ下さい
  • 場所黒柳建設・東京事務所

家づくり、始める前にお客様に聞きたいこと、聞いて欲しいこと

私たちが不思議に思うこと

皆さんは、車を買う際、駐車場を契約してからそこに停められる車を選びますか?

旅行に行く際、旅行代理店を決めてからどこに行きたいかを考えますか?

結婚式を挙げる際、結婚式場を決めてから結婚相手を探しますか?

では、家を建てる際、なぜ土地を決めてからどんな建物が欲しいかを考えるのでしょうか?

または「こういう土地(その他の条件など)なら、こういう家しか建てられないよ」と言われて、それでご納得できるのでしょうか?

どんな建物を、どんな会社で建てようか、どうやってこの土地を活かそうか、その目星を付けてから土地を探したり、予算を組んだりした方がもっと希望通りの家が建てられるのになぁ、と私たちは常々不思議に思っています。

お客様が私たち建築会社のことをよく知らないのと同じように、私たちも家を建てたいと願うお客様のことをよく知らないのかもしれません。


 

 そのために私がお手伝いします

そこで「家づくり大質問会・お悩み解決相談会」という形で、皆さんのご質問にお答えしようと思いました。そこでお客様の要望の中にある本当の想いを少しでも知りたいと思っています。

なかなか直接聞くことができないあんなことやこんなことも、この機会に何なりとご相談下さい。建築・工務店サイドから皆様の様々な疑問に、この道35年の経験からたくさんの事例をご紹介しながらお答え致します。

今までたくさんの無理難題や条件の厳しい問題がありました。でもその問題がお客様のご納得頂けるレベルでクリアになった時、皆様とても喜んで頂けて、とってもご満足頂けました。

例えば

「実家の敷地が10坪しか無いんだけど、なんとか建て替えてここに住みたい」

「たくさん土地を紹介されるんだけど、どんな家が建つのかイメージが湧かない」

「将来歳の離れた妻のために、賃貸併用にして安定した家賃収入を得たい」

「カビや結露ばっかりの今の家から開放されたい」

「良い土地に巡り合えない」

「お店を家でやりたいけど、将来は貸すことも考えている」

そんなお悩みをお持ちの方がいままでたくさんいらっしゃいました。


 

他では聞けない、ここだけの話たくさんあります

他にも、面白い話、ドキドキする話、憤慨する話、未来を思う話、とても書き尽くせないほどたくさんのお話をご用意してお待ちしております。

ナイショの話のほんの一例

住む人が幸せになる家づくりとその考え、そのための住宅ローンや土地探しのコツ、建物のこと、工法や構造の違い、良い土地の見分け方、住みたい場所の30年後未来予想、住宅ローン繰り上げ返済の話とそれができる建物の話、長期優良住宅とか住宅性能評価とかの制度の話、限られた工務店でしか貰えない補助金を貰った話、光熱費とローンの話、健康住宅の本当の話、などなど

住まいに関することでしたら、お客様がご納得いただけるまで丁寧にお答え致します。

これから家づくりを始める際にはわからないことがたくさんあって、なにから手を付けて良いかもわからない、誰に聞いたらいいのかもわからない。

とりあえず、住宅展示場でも見に行ってみようか、いやいや予算を決めるために住宅ローンの相談に銀行に行こう、建築家とか設計事務所もカッコイイけどアテが無い、不動産屋さんとか建築会社はいきなり行くのはちょっと怖い、そんなお悩みをお持ちの方へ。

「取り敢えず、聞くだけは聞いてみようかな?」

「なんか希望エリアの近くみたいだし、土地見るついでに寄ってみようかな?」

 そんなお気軽な気持ちでお立ち寄り頂ければ幸いです。

※ご予約が無い場合、先約の方がいらっしゃったらそちらを優先させて頂く場合がございますので、予めご了承下さい。「これから行きたい」というお電話を頂くだけでも、多少なりともお時間の融通ができるようになります。


 

 Q&A

さて、いざ行ってみようかな?と思っても実際どうなんだろう?と思われるのももっともだと思いますので、簡単なQ&Aをご用意しました。疑問の解消に役立てれば幸いです。 

Q:本当にアポ無しで行っても大丈夫?

大丈夫です、ただ先約のお客様がいるかもしれません

ホームページの予約フォームから予約を取ってみたら、事務所でいろいろと準備をされていて、看板とかに「○○様ご見学」とか書かれていると、待ち構えられて営業されている感じがして好きではない人もいらっしゃいますね。

初めてのところだからこそ、気軽に立ち寄って特別ではない普段の様子を見てみたい、ついでにちょっと話を聞きたいかな、というお気持ちを大事にしたいと思っています。

以前にもよその住宅展示場の帰りにフラっと立ち寄った方が、後日改めていらっしゃってお客様になって頂けたこともありました。初回はパンフレットをお渡しして、15分もお話できなかったので残念に思っていました。

ところが、後日お話を伺ってみると、「ホームページを見て気になったんで展示場のついでに寄ってみた、子供が展示場で遊び疲れちゃってたから長時間じゃなくて逆に良かった」と仰って頂けました。それを聞いて、必ずしも全力で応対することが、お客様にとって嬉しいことではないこともあるんだなぁ、と改めて気づいたのです。

どうしても私たちはせっかく来てくれるお客様に一生懸命お話をしようとしてしまいますが、必ずしもそうすることがお客様のご希望に沿ったものではない、そのことを忘れがちになってしまいます。

お店でも、店員がピターッと後ろに付かれるとじっくり商品を見る気が湧きませんよね。時と場合によっては良い意味でお客様を放っておく(好きにしてもらう)のも、お客様の望む接客なのかな、と思います。

 

ただ、ごめんなさい、常に人手が足りているわけではないので、アポ無しの方は全然お相手ができないこともあります。

基本的に初回のお客様のお相手ができる人間が限られておりますので、せっかくおいで頂いても空振りに終わるかもしれません。

ちょっと様子を見にいらっしゃるには構いませんが、しっかりと聞きたいことなどがある場合はお手数ですが一報頂けますと確実です。

すみませんが、そんな日もあるということでご理解頂けると幸いです。


 

Q:あまり個人情報的なことは話したくないんだけど

お客様が必要だと思うことだけお話し下さい

 予算や現在のご住所、建設予定地など、いずれは必要になってくる情報でも、初対面でお話し頂くにはちょっと抵抗を感じることもあるかと思います。

その場合は「ええ、ちょっと・・・」とか「まだ決めてません」みたいなお返事でも十分です。

「とりあえず」で話を聞きに行ったのに、逆にお名前やら住所やらメールアドレスやらはては予算まで、根掘り葉掘り聞かれて、後日営業攻勢を受けてイヤな思いをされたことがあるかもしれません。

そもそも、フルネームとか住所とか本当に今その情報が必要なの?と言われると、そんなことはありません。

これは他の住宅展示場やハウスメーカー、不動産とかでも一緒です。ちょっと話を聞くだけなら、言う必要はありません。


 

Q:本当に匿名でもいいの?

全然大丈夫です、ニックネームをご用意下さい

 さすがに「名無しの権兵衛」さんとか、「匿名希望」さん、とお呼びするわけにはいきませんので、何かアダ名というかニックネームで呼ばせて下さい。

ウチではよく本名とか趣味のものとかを文字って、「まいまいさん」とか「てるてるさん」とかお呼びしています。

あくまで呼びかけたり、識別したりするために必要なだけなので、SNSのアカウントとかIDとかと一緒です。

世を忍ぶ仮のお名前をご用意しておいで下さい。

お話が進んで、ご契約を頂けるまでに信頼関係が醸成されたら、その頃にはお教え頂けるかなと思っています。

これまでのお客様の事例ですと、2回目くらいからほぼ皆さんが名乗って頂けるので、初回は相当緊張していらっしゃるんだなぁと思っています。

※実際にご契約を頂く場合、建築確認を申請する場合まで至りますと、ニックネームでは各種手続きができませんのでご注意下さい。さすがにこのようなことは過去ありませんでしたが、念のため。


 

Q:他社で相談済み、もしくは難しいって言われたんだけど?

全く構いません、図面とか見積もりとか見せてくれ、とか言いません

私たちは他社の図面から自社で見積もりを取って「ウチならこれだけ安くできますよ」とお客様にアプローチすることはありません、決してしません、したことありません。そんなことをしてもお客様の本当の満足は得られないことをよく知っています。

(逆のことは何度もありますが、それも後々になって知らされたことです)

逆に、他社の図面をお持ち頂いて「お宅ならこれいくらで建てられる?」というお話でも、必ず当社からプランをご提案致します、いらないって言われてもしています。その結果、元の図面そのままで私たちが建てた家はこれまでありません。

(※設計会社・不動産会社経由で施工のみを担当した場合を除きます)

「難しい」と遠回しに断られてしまって当社へおいでになられた方には、そこへ頼まなくて本当に良かったと喜んで頂けるようなプランをご提出できるよう頑張ります。

そんなわけで、例え他社さんでご相談中であっても、出し抜くために色々と聞き出すことはありません。「よそでも検討中です」とのお話が頂ければそれで十分です。

では、なぜよそに行っているかどうかを知りたいかと言うと、お客様が同じ話を聞かなくても済むように、どういったお話をしようか考えるためです。逆に全く当社が初めてであれば、これはこれで責任重大ですので、お話に手落ちが無いように気をつけながらお話ししなければなりません。そのために、家づくりの進行のご様子をお伺いすることがあったりしますので、それだけご容赦頂ければと思います。

お客様にとっては数社を比較して検討するのが普通ですし、私たちもそういうものだと思っています。選択肢の一つ、検討中候補の1社、まずはそこに入れて頂いて、そこから私たちの方を振り向いてもらえるようにプランやアイディアで頑張りたいと思います。


  

Q:土地探しとかこれからなんだけど?

全く問題ありません、検討中の土地でもプランをご提案致します

 よく、「土地が決まって無いと建築会社に相手にしてもらえない」とお考えの方がいらっしゃいますが、そんなことは決してありません。不動産屋さんがそう言っているのでしょうか?

むしろどんな建物が建てたいかのイメージを持って土地探しが開始できるので、逆に効率的だと思います。よく無駄手間だとか、タダ働きとか言われますが、土地探し中のお客様に対しては、検討中の土地であってもプランを提出しております。

これはどんな建物が建つか、のイメージを少しでもお客様に感じて頂くために行っております。少なくとも不動産屋さんのチラシに載っている「参考プラン」などとは比較にならないプランを出せていると思っています。

私たちは東京でずっと家づくりをしていますので、一般に制約が多い、厳しい、狭い、わけあり物件、などと言われる土地を数多く見てきました。「他所では何社も断られた」とがっくりされていたお客様を一生懸命笑顔にしてきました。

でもそんな土地だからこそ、掘り出し物の土地だと考えています。立地だったり金額だったり、条件と引き換えに何か光るものがあるはずです。そこへ私たちのご提案する建物がピタリを当てはまりますと、価値観がぐるっと反転して、とても満足感得られる家になったりするのです。

皆さん、実際にそんな土地に建てた家を見て大変にビックリされてお帰りになりますね。

「なんだ、あんなトンデモナイと思っていた土地にでも、こんな家が建つんだったら、この土地でも全然イケるじゃん」

と土地探しの幅が広がったというお声をよく聞きます。それで土地を見る目がぐっと養われて、意気揚々と土地探しに出発されていきます。そして、良さそうな土地が見つかる度に当社に立ち寄ってアドバイスや参考プランのことを相談していかれます。

最終的に土地が決まって、黒柳建設で建てるよ、と言って頂けた時は本当に嬉しいと同時に、これからが我々にとっての正念場だと想いを新たにしております。


 

Q:建設会社とか工務店って字面からして怖いんだけど

なんででしょう?怖くないですよ

当社で家を建てて頂いた方からよく言われるのですが、

「一番最初にお邪魔する時は怖くてドキドキしていたのですが、全然そんなことなくてホっとした」

嬉しいお言葉なのですが、サラっとディスられている気がするのはなぜでしょう?

よくある一般的なイメージで

  • 工務店&不動産屋 = 怖い・とっつきにくい・土方っぽい
  • ハウスメーカー&マンションデベロッパー = 安心・優しそう・高級そう
  • 建築家&設計事務所 = 芸術的・敷居が高い・スマート

というのはよく耳にします。

我々としては、すっごく納得いかないのですが、世間の印象がそうなのは否定しがたい事実です。

恐らく、工務店や建築会社は普段の皆様の生活でご縁が無いのが原因でしょうかね。それとも作業服がいけないのでしょうか。

それにハウスメーカーはデレビCMで爽やかイメージを演出していますし、設計事務所は有名建築家のイメージが先行しているんでしょうね。


建てる人は一緒

特に、建築業界は大工・職人・鳶(とび)・土建のイメージが強く、偏屈で頑固で職人気質だと思われがちです。

確かに○○建設とか○○土建、○○興行という名前だと固いイメージなうえに、確かに怖そうです。

そこで工務店や建築会社は○○ハウジングとか○○ホーム、みたいに横文字を使ってイメージを柔らかくしようとしています。

でも、結局地場の工務店でもハウスメーカーでも設計事務所でも、最終的に現場で家を建てているのはこういった大工・職人・鳶(とび)・土建の人たちです。

たしかに、これらの人たちに偏屈で頑固な人が多いのは否定できません。

ただそれは自分たちの仕事を大事にして自信を持っていることの裏返しでもあるんです。

慣れると普通に優しくて、茶目っ気があって、冗談も言って、家族を大切に思う普通の人達です。

そんな人たちとの橋渡しになれればいいなと思っています。


 

 Q:しつこく「営業」されないか正直不安

「営業」は正直とても苦手です

正直に仰って頂けたので、正直にお答えしました。

実は私、いわゆる「営業」が大の苦手なんです。

というか、ウチに営業マンはいませんし、営業が得意な社員もおりません。

突撃営業(アポ無しでご自宅に訪問営業すること)なんてしたことありませんし、できません。

せいぜい何度かお電話でご案内をして、いつもお客様からのご連絡を待っていてばかりです。

それでもご来社頂けるお客様は10組に1組くらいで、残りはそのままご縁が切れてしまうことも珍しくありません。

逆に、断られても断られてもへこたれることなくガンガン営業をかけたり、まったく見知らぬお宅に飛び込み営業をしたりする営業マンのことを、すごいな~、とても自分には真似できないな~と思っています。

 お恥ずかしながら営業のコツとかセールストークのテクとかもありません。いつも思っていることを一生懸命しゃべっています。

唯一、新人時代に営業というかお客様のところへ何度も何度も足を運んだことがありましたが、これは営業ではなくお詫び行脚でした。今では「メロンの話」として話の持ちネタになってしまっているくらいです。

 こんなお答えで不安が解消されるかどうかはわかりませんが、少しでも拍子抜けしてもらえれば嬉しいです。

ちなみに黒柳建設で「営業」と言えば、プランを提出してそのプランについて一生懸命説明することです。


 

Q:じゃあちょっと話を聞きに行こうかな?

お電話が一番素早く対応可能です
また、下記のフォームからもお申込みできます

直接お電話を頂けると営業時間内であれば素早く対応が可能です。

フォームからのお申し込みとなりますと、メールにて弊社に通知されるため、若干のタイムラグがあることがあります。お急ぎの場合はお電話を頂けるとありがたいです。

もちろん、ふと近くを通りかかったついでに、急に思い立って、といった場合でしたら、そのままおいで頂いても大丈夫です。ただ、お時間が取れない場合もありますので、予めご了承下さい。

 


 

お電話お待ちしております TEL:042-384-7555

[営業時間] 9:00~17:30  [定休日] 年中無休(但し年末年始・夏季・GWは休業有り)

電話でのご予約
TEL.042-384-7555 [営業時間] 9:00~17:30
[定休日] 年中無休(年末年始·夏期·GWは休業)
ファックスでのご予約
FAX.042-385-7100 24時間受付