現代の忍者屋敷・忍者ハウス④ | ブログ | 外断熱 東京 注文住宅 長期優良住宅 黒柳建設

スタッフブログ

こんにちは、東京都小金井市で外断熱・涼温な家を建てる工務店、黒柳建設です。

このブログは、国策担当/WEB担当/システム管理者/営業/現場監督/アフターメンテナンス/OB顧客様係/アパート経営セミナー講師/子守部長/ライフプラン相談員の提供でお送りいたします。

小金井地域のリフォーム・リノベーション、断熱改修、不動産相談なら住まいのクロケンにご相談下さい。

涼温な家の新築、涼温換気リフォームのお問い合わせ・ご相談は、黒柳建設まで!

住まいとライフスタイルに合わせた資金計画も、わかりやすくご案内しています。

あと、最近商品ラインナップに「現代の忍者屋敷」が増えました。

 

 

「現代の忍者屋敷」の名付け親

黒柳建設の建てる家は「忍者屋敷みたい」と言われるようになってから結構経ちました。

そもそも我々にはその自覚がほとんど無かったのですが、そう言われるということはそうなのかな?と思い、最近では積極的に忍者屋敷という言葉を使っています。

なにより、わかりやすいですし。

 

一番最初に「忍者屋敷」と呼び始めたのは、黒柳建設の建物写真を25年以上に渡って撮ってもらっているカメラマンさんでした。

 


「現代の忍者屋敷」の引き渡し記念撮影にて

 

「さ〜て、今度の忍者屋敷はどんな感じかな?」

「いや、忍者屋敷ってなんですか、そんなんじゃないですって」

「忍者屋敷じゃ〜ん、普通は無いよこんな家って」

「そうですかねぇ、普通の家ですよ」

「だから普通じゃないって、ボクが今まで何千枚の建物写真を撮って来たと思ってるの」

「それはそうですけど・・・」

「黒柳建設だけだよ、こんな仕掛けとかある家を建てるのは」

「そうですかねぇ、別に難しいことじゃないんですけどねぇ」

「いやいや、普通は出来ないし、やらないよ」

 

 

そんなやり取りがあって、ここ数年はそういう評価なんだと思うようになりました。

であるならば、忍者屋敷と名乗っても恥ずかしくないように、しっかりと考えて設計しようと思い、ホームページも大幅に改訂したのです。

お陰さまで「現代の忍者屋敷」のページは非常にアクセスが多い上に、メディアからの取材依頼も激増しました。

他にも

  • 「忍者屋敷風の旅館を考えているが、工事をお願いできないか」
  • 「民泊を計画しているが、内装をデザインしてくれないか」
  • 「訪日外国人向けのビジネスに、忍者のテイストを入れる手伝いをして欲しい」
  • 「古民家の再生を依頼したい」

などなど、これまで聞いたこともないような問い合わせを頂くようになりました。

 

 

 

しかし、それでも「忍者屋敷の家が建てたい」という依頼が来るとは、あまり本気で予想していませんでした。

ちょっと変わった、普通ではやっていない、ワクワクする家づくり、そういった私たちの想いが伝わればいいなぁ、という程度のものでしかなかったのです。

 

それが、こうして「現代の忍者屋敷」を建てさせて頂くことになるとは、伊賀甲賀の忍者屋敷を見物に行った時には、夢にも思っていませんでした。

 

 

 

 

本日も最後までスタッフブログをお読み頂きありがとうございます。
 
よろしければ次回もまたお立ち寄り下さい。
 
ご意見ご感想ご質問などありましたら「お問い合わせフォーム」をご利用下さい。
 
不定期更新ですが、週に一回をめどに書き続けていきます。
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
前月 翌月

アーカイブ

バックナンバー

ページトップへ