建物の寿命とメンテナンス計画④ | ブログ | 外断熱 東京 注文住宅 長期優良住宅 黒柳建設

スタッフブログ

こんにちは、東京都小金井市で外断熱・涼温な家を建てる工務店、黒柳建設の国策担当/WEB担当/システム管理者/営業/現場監督/アフターメンテナンス/OB顧客様係/アパート経営セミナー講師/子守部長/ライフプラン相談員の黒柳一聡です。

小金井地域のリフォーム・リノベーション、断熱改修、不動産相談なら住まいのクロケンにご相談下さい。

涼温な家の新築、涼温換気リフォームのお問い合わせ・ご相談は、黒柳建設まで!

 

 

 

外と中のメンテナンスの違い

前回までの日記で、住宅のメンテナンスは外装と設備に大別され、外装は定期的な塗り替えによる防水性能の更新、設備は一般的な寿命よりも長持ちする、と書きました。

 
極端な事を言うと、キッチンやお風呂などの住宅設備類はお客様が「新しくしたい!」という気持ちになった時に更新を考えればいいと思っています。
 
ただ、建物の外にある給湯器だけは一定の年月で壊れてしまうので、様子を見ながら交換してあげる必要があります。
 
建物の塗り替え(防水性能の維持)と、シロアリ被害の点検だけお施主様に意識して見て頂き、気になることがあればその都度声を掛けてもらえればいいと思います。
 
また築5年ごとのタイミングで節目点検を行い、設備類の使い勝手や不具合をヒアリングすれば、更新のタイミングやおおよその費用などもご案内できます。
 
 
 
 
掲載許可をもらったあるお客様の話
ただ、このパターンで過去に一回だけお施主様の意を汲み取れなかったことがありました。
 
築10年くらいのお施主様だったのですが、どうにもキッチン周りが最近汚れやすくなったり、調子が悪いということでお伺いして見させて頂きました。
 
ところが奥様が言われるほど汚れているわけでも、機械類が不調なわけでもなかったのです。
 
有償のメーカーメンテを入れるような不具合も無く、一通りの説明をしてお手入れの仕方を実演してその日は終わりました。
 
 
 
 
ところが・・・
一年ほどのち、また別の用件でお邪魔したのですが、なんとキッチンが新しく交換されていたのです。
 
正直「はっ?」と顔に出てしまったようで、奥様も気付いたのでしょう。
 
気まずそうに「実はちょっと知り合いにお願いしてしまって・・・」と言われました。
 
一瞬脊髄反射的に「じゃあ、その知り合いに頼めばいいのに」という言葉が頭に浮かびましたが、そうできるならそうしているはずです。
 
何か理由があったり、当時の自分の対応に不備があったのかと思い、ここはテキトーに流さずに敢えて突っ込んで聞いてみました。
 
 
 
 
「奥様、一年前の自分の対応に何か間違ったり、見落としていたことはありましたでしょうか?」
 
「いえ、そういうわけではなくて・・・黒柳さんには申し訳ないとは思ったんだけど・・・」
 
「とんでもないです、こちらに不備があったのなら今後の教訓とさせて頂きますので、どうか理由をお話しして下さいませんか?」
 
「そう?ごめんなさいね、実は・・・」
 
 
 
と、お互いに気まずい空気の中、なんとか失礼にならないように聞き出したのですが、最後まで聞いて盛大に脱力しました(笑)
 
 
 
「実はね、姉妹が実家に同居することになったので、水回りを新しくしたのね。」
 
「はあ、ご実家でご姉妹が同居・・・」
 
「母も歳のせいか、今までのお風呂やお台所だと使い勝手が悪くてねぇ。」
 
「なるほど、ご実家をリフォームされたんですね」
 
「そうなのよ、それで工事が終わって見に行ったらすごく使いやすくなっていてねぇ。」
 
「それはそうですね」
 
「それを見たら、私も新しいお台所が欲しくなっちゃったのよ。」
 
「なるほど・・・なるほど・・・OTL」
 
 
 
 
 
つまりはこういうことでした。
 
前回私が呼ばれたのは「もうこのキッチンも古いですから、せっかくなので新しくしませんか?」と、背中をポンと押すことを期待されていたのです。
 
 
なんだよも~!そういうことは早く言ってよ!!
 
このことは私の中で大きな教訓として残りました。
 
つまり、お客様は設備の寿命とかにかかわらず、「欲しいと思ったら買うし、欲しくなければ寿命でも買わない」というシンプルな真理です。
 
極論すると、外回りはある程度の時期でメンテしてもらって、家の中についてはお施主様の主観(というか気分)で好きにしてもらえばいいんじゃないのかな?と思うようになりました。
 
そういうわけで、外断熱の家は室内の住宅設備は長持ちします。長持ちしますが、いつ最新の設備に更新するのかはお客様次第ということですね。
 
(あ、もちろん細かいメンテは必要になることがありますが)
 
このお施主様にはとても大切なことを学ばせて頂きました。
 
 
 
「なるほど、よくわかりました。その節は自分が至りませんで申し訳ありません。」
 
「そんな、こちらこそ変に回りくどいこと言わないで、素直に新しくしたいって言えば良かったのよ」
 
「いえいえ、そういったお客様のお気持ちを汲み取れなかった私の未熟です。」
 
「黒柳さんはちゃんとやってくれていたのに、本当に申し訳ないわ。ちゃんとお願いすれば良かった。」
 
「とんでもないです。ですが、そう言って下さるなら一つお願いがあるのですが・・・。」
 
「何かしら?」
 
「・・・この話、未熟だった私の失敗談ということで、他の人にお話してもよろしいでしょうか?」
 
「それくらいなら、全然構わないわよ。」
 
「ありがとうございます!!」
 
 
 
 
と、言うわけで、点検の時に設備類の更新についてお話する時、上記のお客様のお話をさせて頂いています。
 
笑い話なのか、失敗談なのか、リフォームのお勧めなのかわかりませんが、結構ウケています(笑)
 
 
 
本日も最後までスタッフブログをお読み頂きありがとうございます。
 
黒柳建設のスタッフブログは基本的に「月・土曜日」に更新しています。
(最近は不定期気味ですが)
 
よろしければ次回もまたお立ち寄り下さい。
 
ご意見ご感想ご質問などありましたら「お問い合わせフォーム」をご利用下さい。
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
前月 翌月

アーカイブ

バックナンバー

ページトップへ