忍者屋敷そして現代の忍者屋敷の家 13 | ブログ | 外断熱 東京 注文住宅 長期優良住宅 黒柳建設

スタッフブログ

忍者屋敷そして現代の忍者屋敷の家  その13



忍者屋敷の床の間(の壁)は、ドキドキします、その3




(40cmの床高の和室です。畳を上げるとでっかい収納室には明かりもついて、子供さんたちには格好の秘密基地です。押入れから出たり、階段下を通ってリビングに出たり、キッチンの床下収納から出たりと、変幻自在に出没できます。

40cmにはもう1つ理由が、

彼(今は長男です)が飛びおりるのには勇気がいる、とご主人が決めた高さです。実際、彼が、やった! というその瞬間を、ご主人は嬉しそうに話してくれました。)



では本文です。

そして、

回転壁も、移動壁のどちらも、



“あらっ! 正面の壁は動くように出来ているみたい~、”



と解ってしまっては忍者屋敷の家ではありません。

まずは、

あくまで床の間ですから、床の間としての存在感がなければなりませんし、

現実には床の間として使用されていなければなりません。



そして、ある時、何かの知らせ(虫の知らせ?)で、フッと思い・・・

触ってみたら

・・・

その床の間の壁が、

!!?

あれ~!・・・ 動く!

ワァ~ 開いた~・・・後ろに通路がある~

と、びっくりする、

・・・

そして目がキラリ!と光り、その瞬間に嬉しそうな顔になる

・・・

そのことを想像すると実に楽しいな~



が、正しい状態です。



ええ~っと、

現代では、お施主様に内緒で、回転壁や移動壁を造るということはありませんから、また当社は注文住宅を建てさせていただているのですから、このようなことは、きっと(?)起こりませんが、気持ちとして、そして心意気として、この感覚を大切にしていい家造りをさせて頂ければと思っています。

そして、初めてこの家にお出でになられた方にとっては、きっと、この家は現代の忍者屋敷の家となってビックリと感動を与えてくれることと想います。

・・・

と、いろいろお話をしています・・・

いかにも、何例も造らせて頂いような自信たっぷり風な話っぷりなのですが、

すみません、実はまだこの秘密風の回転扉(壁)も移動扉(壁)も造ったことはありません。

それは、

お客様から造るのを断られたということではなく、当社からご提案をさせて頂いたことが今迄にはなかったから、又、お施主様からの、造りたいけど~どうかしら、というご要望もなかったから

・・・

??

何か、おかしい感じがします・・・

そうですね、確かにおかしいです・・・

ちょっと考えれば・・・

ご要望がないということ、それは至極アタリマエのことでして、もしかして万が一、お客様が、床の間に隠し扉を造りたいなんておっしゃられたら、そりゃ~もう~、ビックリして腰が抜けるほど驚いてしまうことでしょうね(?)

・・・

???

いやいやいや、

もしかしたら全く違っていて、

嬉しくって飛び上がらんばかりとなっていたかもしれない・・・!?

いやいやいや、

やった~!、

と言って飛び上がっていた、

うん!きっとそうだ。

・・・

そして、今は、造らせて頂きたいな~、という感覚はとっても湧き上がってきています。

・・・

そうか~、

・・・

小さなお子様がみえるお客様にちょっとお話してみましょう、

ブランコやターザンロープやグルグル回れる回廊とかのお話と一緒に、秘密の回転扉のお話をしてみましょう、



そうそう、そうしましょう。



お話は、またまた、長くなりそうですので、途中ですがここまでとします。





(回転扉ではないのですが、面白いものをお客様が制作されました。

ご主人様が1人で作られたボルダリングです。吹抜も化粧梁もロフトもあって、忍者屋敷には持ってこいの部屋です、ボルダリングの金物が壁は勿論梁にもついていて、ハシゴを登らずロフトにいけます。

3人はもう忍者(と、忍者の卵)です。もしかしたら、一番下の娘さんはくノ一の卵かも?私はとても行けません、足の裏が痛いと言いながらせめてハシゴです。)

・・・

次回は、14・ドキドキします、その4、

しかし造るのは大変ですね~、です、お楽しみに。



2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
前月 翌月

アーカイブ

バックナンバー

ページトップへ