リモデルフェアで思ったこと | ブログ | 外断熱 東京 注文住宅 長期優良住宅 黒柳建設

スタッフブログ

  • リモデルフェアで思ったこと

  • 2009/04/29(水) 黒柳建設

昨日、建材業者の㈱コバヤシさんのお誘いで、TDYリモデルフェアに行ってきました。

「リモデル」

また、聞きなれない言葉です。

「TDY」

これも聞きなれない単語です。

後で説明します。

そして、リモデルフェアはこんな感じでした。


有明の東京ビックサイト貸切です!!すっげえ!!



まず、「リモデル」とは、増改築・リフォームから一歩進化した、
「お客様の期待以上の新しい生活スタイルの提案と実現をお約束する」ことです。

つまり、リフォームの上級版です。

そう取ってもらって大体間違いないです。

しかしその範囲はリフォームを大きく上回っています。

ライフスタイルや住環境の変化、長持ち住宅・CO削減、健康配慮と言った視点から提案を行う、

非常に自由度の高い大規模改修と言った意味合いを持つ新しい言葉です。

数年ほど前から住宅・リフォーム業界で使われ始めています。



次に「TDY」とは、住宅材料メーカー各社の頭文字を取ったリモデル同盟の名前です。

住宅設備メーカーの「TOTO」 (TOTO株式会社・旧東洋陶器株式会社)

住宅建材メーカーの「DAIKEN」 (大建工業株式会社)

住宅サッシメーカーの「YKKap」 (YKK AP株式会社)

以上の住宅材料メーカー大手3社がリモデル分野で事業提携し、
「TDY」の名でリモデル事業を推進しています。



実際、ここ数年、リモデル業界はかなり盛り上がっているようで、
リモデルと言う言葉も一般ユーザーにどんどん知られてきています。

また、一般ユーザーの住宅に対するニーズの変化もあります。
建ててから30年で壊してしまうのでは、あまりに環境負荷が大きく、また、金銭的な負担も大変です。
既存住宅に手を入れ長く住む、そういったお客様が増えてきているのも事実です。

実際欧米では新築住宅を建てるより、中古住宅やマンションを買ってリフォームをする割合の方が
ずっと多いのです。建てられてから長持ちし、手をしっかりと入れられた住宅はそれだけで
高い資産価値があり、古ければ古いほど良いそうです。

日本ではどちらかと言うと、住宅は個人の資産という考えが強く、
「家は3回建てて満足いくものができる」
なんて言葉があるくらい新築を重要視しています。
しかし、農家や武家屋敷、商店、古民家など何代にもわたって受け継がれてきた歴史ある建物も
決して少なくないわけで、新築大好き症候群はここ数十年の流れだと思います。


黒柳建設では数はそう多くないのですが、年に何件かは大規模なリフォームの仕事もしています。
2世帯住宅改修、断熱リフォーム、耐震リフォーム、バリアフリーリフォームなどなど。
そのお客様の多くが、
「リフォームをしたいんだけど、せっかくだし建ててもらった会社でやってもらおうかな」
という理由でご連絡を頂きます。
確かに、創業以来30年分全ての物件の図面はきちんと保管されていますので、
そういったご要望に即座に対応できるのはちょっとした自慢です。

そこで、きちんと「リモデル事業」として受けることができれば、お客様も建てて終わりではなく、
将来家族構成や生活スタイルが変わっても相談できるという安心感が生まれると思います。
そう考えると「家を建ててからが本当のお付き合い」という言葉も自然と出てきます。
まだまだ手探りですが、きちんと事業化して軌道に乗せたいです。

2009年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
前月 翌月

アーカイブ

バックナンバー

ページトップへ