ヤマハ静岡工場の見学に行ってきました | ブログ | 外断熱 東京 注文住宅 長期優良住宅 黒柳建設

スタッフブログ

  • ヤマハ静岡工場の見学に行ってきました

  • 2010/03/19(金) 黒柳建設

こんにちは、黒柳建設の黒柳(聡)です。

昨日は㈱コバヤシさんのお誘いで、静岡にあるヤマハリビングテックの工場見学に行きました。

丸一日かかったのですが、非常に有意義で興味深いものでした。




東京駅集合で、新幹線で1時間ちょっとで浜松駅に到着。

㈱コバヤシの営業さんと、ヤマハの担当者、他の工務店など合わせて17人の大所帯です。



移動と昼食を済ませて、午後から工場内部を見させてもらいました。

まずは、ヤマハがこだわるキッチンの一体成型人造大理石のカウンター製造工程。

次にヤマハのピアノ塗装技術を応用した、キッチンや扉の塗装工程。

工場と聞いていたので、製造ラインは機械化されているものだと思っていましたが、ほとんどが手作業でした。

特にピアノ塗装は、まだ20台と思われる若手が作業していましたが、先輩たちからの教育をしっかりと受けているとのことで、表彰を受けたこともあるそうです。

こういうのも職人技術なんだなー、と感じました。





当然ですが、工場内は写真撮影禁止です。

ですよねー。

開発エリアでしたら、携帯やカメラは全て一時預かりなのでしょうが、製造工場のためかそこまで厳しくありませんでした。

しかも、こちとら日記のネタにする気満々です。

もちろんご迷惑をお掛けするわけにはいきませんので、差し障りの無い写真だけを撮らせてもらいました。

メーカーの中ではヤマハだけがほぼ100%自社開発自社生産をしているキッチンの人造大理石は、全て受注生産されており型枠から取り出したカウンターには全てお客様名が書いてありました。

日本中のヤマハ製キッチンがここで作られているんだ、と思うとなんか不思議な感じですね。



ヤマハ静岡工場の敷地はとにかく広かったです。

いかにも「工場」!って感じでした。

想像していたよりオートメーションされていなくて、結構な人が働いているようです。






一通り見学後、先程の人造大理石で各自コースター作成を体験させて頂けるというので、着色材を混ぜ混ぜしましたが、これが結構面白くって参加者一同メチャクチャ盛り上がってました。

ナニこのハイテンションなノリ?





こちらは以前に黒柳建設通信でもお知らせした、ヤマハのポイントリフォームのディスプレイです。

会議室の前に展示してありました。

ちょうどこれから会議があるようで、デモンストレーションで実際に動いているところが見れました。

ヤマハの提案するキッチンのポイントリフォームとは、古くなったキッチンカウンターを交換して、気分新たにリニューアルできるお手軽なキッチンリフォームです。

なんでも展示用に頼まれたので、それじゃあってことで、工場でアレコレ部品やらモーターやらを寄せ集めて作った試作機だそうです。


工場、マジっパネェっ!!超ヤバイっす!!



「こんなん作ってよ」

って言われて、手持ちのモノでこんなん作れてしまうなんてスゴすぎです。

一点物の試作機なせいか、気になるお値段は未定。

黒柳建設では持て余してしまいますが、ショールームや住宅展示場なんかだと需要があるのでしょうか。

会議に向かうヤマハの社員の方たちも、この試作機を見ながら「おおー」とか言ってました。

皆さん携帯で写真撮りまくり。





その後、ヤマハの技術畑20年の開発担当者さんから、人造大理石などの開発経緯を伺い、




技術展示室やプロユーザー向けショールームなどを見学し、



ヤマハ静岡工場を後にしました。




静岡駅で、会社へのお土産を急いで買って、東京へ戻りました。

丸一日がかりの工場見学でしたが、とっても有意義で興味深い一日でした。



「お客様と行く○○工場見学」なんてツアーがあったらいいなぁ、なんてことを考えながら帰路についた一日でした。

2010年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
前月 翌月

アーカイブ

バックナンバー

ページトップへ