家具の転倒を防ぐ地震対策グッズあれこれ | ブログ | 外断熱 東京 注文住宅 長期優良住宅 黒柳建設

スタッフブログ

  • 家具の転倒を防ぐ地震対策グッズあれこれ

  • 2011/03/30(水) 黒柳建設

こんにちは、黒柳建設の営業/現場/Web担当の黒柳一聡です。
被災地にて大変な生活を余儀なくされている被災者に皆様、また不眠不休で現地で作業されている自衛隊・消防・警察等公務員の皆様には心からお見舞いと感謝の気持ちで一杯です。

黒柳建設でも所属する中小企業家同友会を通じて些少ですが、タオルやトイレットペーパー等の日用品をお送りさせて頂きました。少しでもお役に立てればと思います。

さて、震災後既にお建てになったお客様から多数ご質問頂いたので、家具の転倒を防ぐ方法についてお話致します。


地震による家具の転倒を防ぐには -あなたが守る-家族の安全-
総務省消防庁のサイト

このように重い家具でも重心があるラインを越える揺れを受けると転倒します。
また転倒まで至らなくとも、家具の中身や上に載せていた物が落下したりして被害に遭うことが考えられます。

地震による家具の揺れを防ぐには、家具の頂部を壁などに固定することが重要です。建物と固定することにより、家具が建物と一体になって動くようになり転倒を防止することができます。

転倒防止器具には様々な種類があり、ネジ(ビス)で家具と壁を直接固定する「L型金具」、ネジで家具と壁に取り付けた金具を結ぶ「ワイヤー式」、ネジ止めすることなく家具と天井の隙間にポーツを設置する「ツッパリ式」、家具の底面と床面を接着させる「粘着マット式」などがあります。

参考商品


L型金具-楽天市場-


家具転倒防止チェーン-Amazon-


地震ポール-Amazon-


家具転倒防止ユニット-Amazon-


薄型テレビ転倒防止具-Amazon-


耐震マット-Amazon-


一番強力なのは直接固定する「L型金具」、以下「ワイヤー式」、「ツッパリ式」、「粘着マット式」と続きます。

L型金具とワイヤーはかなりの転倒防止効果が期待できますが、家具と壁にそれぞれビス止め固定するため、穴をあけることを嫌う方はツッパリ棒と粘着マットを組み合わせた相乗効果を期待することもできます。

しかしやはり一番は家具と壁に直接ビス止め固定する「L型金具」です。

家具の頂部両端に1ヶ所ずつL型金具を取り付ければかなり安心です。

ここで注意することは、家具と壁面の金物取り付け部分に十分な強度があることを確認することです。

具体的には、家具の桟部分、壁面には下地が入っている必要があります。

最近に建物の壁面によく使われる石膏ボードではビスが効かないので、「下地探し」等を使って間柱や筋交い、耐力壁のベニヤ板などが入っている箇所を探して、金具を固定します。

参考商品

下地探し-Amazon-

金具を固定するビスは付属の物でも良いのですが、できれば別途長い物を用意すると効果はさらに高まります。

例えば、20ミリ長のビスで取り付けする場合、我々は壁の石膏ボード厚12.5ミリ分はビスの「効き」としては無いものとして考えますので、実際の「効き」は7.5ミリと半分以下になります。

(※木造3階建ての場合、壁の石膏ボード厚は15ミリです)

できれば30~50ミリ長の「木ねじ」で固定することをオススメします。

また、長いビスをねじ込むには手回しのドライバーでは大変なので、インパクトドライバと呼ばれる電動ドライバーがあると大変便利です。
L型金具や壁掛けフックの取り付けや、ビス止め固定のラックの組み立て、ビットを錐に取り替えて穴あけなど、様々な用途に使え、現場監督の必需品です。


参考商品

マキタ充電式インパクトドライバ-Amazon-

ちなみに上リンクのインパクトドライバはプロ仕様なので、日曜大工の趣味が無ければここまでの道具は必要ありません。1万円くらいのものでも十分使えます。
黒柳一聡の愛用品ですので、ついご紹介したくなりました。

他にも食器棚の中身が飛び出すことを防ぐ「扉開放防止装置」や「ガラス飛散防止フィルム」、「上下隙間埋め収納ユニット」など、様々な地震対策グッズをホームセンターやネットショップで買うことができます。
少しネットで検索するだけでも、地震対策の情報ややり方もたくさん見つかります。

今回の地震で被害が出た方もそうでない方も、これを機に家の地震対策をされてみてはいかがでしょうか?
取り付け等、ご不明な点がございましたら、お気軽にご連絡下さい。


参考「マツ六株式会社 技術資料 家具等の転倒防止」PDFファイル

2011年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
前月 翌月

アーカイブ

バックナンバー

ページトップへ