リフォームで制震GVA | ブログ | 外断熱 東京 注文住宅 長期優良住宅 黒柳建設

スタッフブログ

こんにちは、黒柳建設の営業/現場/Web担当の黒柳一聡です。

黒柳建設通信をお送りしている影響か、入社した頃よりもリフォーム工事や、おうちのご相談に声を掛けて頂くことが多くなりました。

特にSC工法以前の築10年越えのお客様からのお声掛けが多いように思います。

また、東日本大震災後、建物の耐震・制震工法についてもよく聞かれるようになり、実際に制震GVAのリフォーム工事を頂いたお客様もいらっしゃいます。


 

GVAを入れた箇所と、これから取り付けする箇所。




工事中の様子。


制震GVAは黒柳建設通信でも紹介した通り、建物に与えられる地震の力を減衰する「制震」工法です。

「耐震」とは異なり、地震力に対して反発する力が働くので、建物の損傷防止に効果が期待できます。

壁を開け、建物の四隅を重点的に補強しますので、工事期間(3週間前後)はバタバタしますが、リフォーム工事でも施工可能な工法です。

また、制震GVAには劣りますが、取り付け・費用の面で安価な「ガルコン」という制震装置もあります。

今後はこういった「制震」、「免震」といった「耐震」以外の工法や装置が増えていくのではないでしょうか。

2011年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
前月 翌月

アーカイブ

バックナンバー

ページトップへ