忍者屋敷そして現代の忍者屋敷の家 5 | ブログ | 外断熱 東京 注文住宅 長期優良住宅 黒柳建設

スタッフブログ

当社が建てる忍者屋敷の家(?)の続き


ダイニングの床板を2枚剥がすと、

(忍者屋敷は時代的に古さを感じるからこれでいい)

現代では、数10年前から既成品の床下点検口があり、

フタのつまみを引っぱると、開く

ベンリ~

・・・

また悩む

・・・

入っていけそうな空間が見える

・・・

あっちの方の床下空間につづいている・・みたい・・・

・・・

でも、入っていかない

なぜ?

なぜって、

それは、

高気密高断熱外断熱の家は、

基礎の立ち上がり部分には、

断熱材と開閉できるフタ付きの換気口を取り付けるか、

又は、一切換気口はなしなので、

どっちにしても床下は真っ暗闇

・・・

その中を入っていくのは、初めはちょっと怖いのです

パチ

あっ! 床下、明るくなった!

そうか~LEDの照明、何個か付けたっけ?

場面が変わり

気持ちを切り替えて、

スススー ローカを進み、突き当りの押し入れを開けると、

ワァ~ 階段があった!

(その1、の写真をよ~く見ると、あっ! ある~)

襖に手を掛け、そ~と上を覗いてみる、

・・・

先は狭くて暗いけど、屋根裏へ続くのかな~、

きっと、今いるここは、2階建ての2階か、3階建ての3階のどちらか、

なぜ? って

階段があって上に行けるのだから

(?・・・説明不足の感じがするけど・・・)

・・・

よ~し、決めた! 

登るぞ!

登った!

早~い!

確かに狭い空間 廻りは薄暗くてちょっと怖い、

ドキッドキッ

・・・

4足歩行でしばらく進むと、

梁も柱もむき出しの、どうやら屋根裏空間(?)に出た!

ムクッと身体を起こすと、

・・・

おっ!立てる!

小さいながらも、ワァ~広い!

と、言ってしまう。

あっという間に、静かな時間が過ぎた

・・・

明かりの方を見上げると、小さな天窓がついている、

・・・

あれっ? 

あの天窓って開けられそうだ。

!!

屋根の上に出られるかもしれない・・

何か登りに役立つものは、と、あたりをそっとうかがう、

・・・

もしかして、

敵の忍者が潜んでいるかもしれない

・・・ちょっと怖い

・・・

・・・

もうしっかり 忍者気分になっているじゃん!!

・・・

ハッと我に返る

・・・

あれっ?

・・・

ここから、どうやったら戻れるの?

・・・

急に、不安が襲う・・・

・・・

つづく、     次回は、6・忍者屋敷(?)の家の取材風景です

PS、トップライトは、ベルックス製 GGLタイプ、

トップライトを付けることも、ベルックス製も、お薦めしています。

2014年3月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
前月 翌月

アーカイブ

バックナンバー

ページトップへ