6:どうして今、2.5世帯住宅がヒットしているのですか?④ | ブログ | 外断熱 東京 注文住宅 長期優良住宅 黒柳建設

スタッフブログ

“新2世帯住宅とその一族”第6話

その6は、

先回、その5、でお話しました、

どうして今、2.5世帯住宅がヒットしているんですか? 別バージョンのお話、

のプランのご案内です。

 

実際のプランをご紹介します

概要:

土地:35坪(115.7㎡)

建ぺい率60%、容積率200%、準防火地区、第3種高度地区(10M+1.25

木造在来工法、3階建て+PH(ペントハウス)+RB(ルーフバルコニー)+屋根裏収納

高気密高断熱外断熱、24H換気システム採用

長期優良住宅、フラット35-Aプラン、ブランド化事業採用予定

家族構成:親世帯(ご両親と姉の3人)、子世帯(息子夫婦の2人)=5人(将来7人予定?)

(いわゆる、嫁と姑と小姑の関係となります。)

 

建物の大きさ:

1階:14.0坪(46,28㎡)、2階:21.0坪(69,42㎡)、3階:21,0坪(69,42㎡)、PH1,75坪(5,79㎡)、延坪57,75坪(190,91㎡)

屋根裏収納、吹き抜け、ベランダ、RB(ルーフバルコニー)、カーポートを含めると、合計86,50坪(285,95㎡)となる(おお~、でっかい!)

 

プランのポイント

1.クルマ2

2.完全分離型2.5世帯住宅、姉はご両親の世帯とするが、独立感のあるプランとする、今回、第2ホールというプランを採用

3.親世帯は、12

4.子世帯は、123

5.PHRBと屋根裏収納は子世帯側にプランされているが共用として利用する

6.階段は蹴上げを185㎜以下とする

7.各階間(天井と床部分)と親世帯、子世帯間の界壁には防音を考慮した施工とする

8.区分所有が可能とする

(親世帯部分と子世帯部分を色分けした縮小プランを添付しました、参考にして下さい)

9.ポーチ部分の目隠しは、おいおい考えていくが、目隠しが施工可能なプランとする

10.姉の希望でもあり、1階に姉の居室部分をプランする

11.ご両親はご希望もあり同室別床をお薦めしプランする(将来の生活スタイルの変化に応じるため間仕切りは構造上も含めて撤去可能とする)

12.プランでは、2階のお父様の部屋と子世帯の階段ホールとは、扉で行き来出来る案となっているが壁にして閉じることは可能(やはり将来の生活スタイルの変化に応じて、2階でも行き来が可能とするため)

13.当面の2世帯の行き来は1階の共用収納を通って出来る

14.子世帯は、お子様のための洋室2部屋をプランするが、構造壁を残して広い1部屋も可能、又LDKと続いた1つの空間とすることも可能

ではプランです。

 

 

 

 

 

いかがでしょう?

このプランで2.5世帯同居をされてみる気になりますでしょうか?

家族の一人ひとりの立場になって考えてみると面白いと思います。 

 

 

次回は、その7

新2世帯住宅!? こんな2世帯住宅ってもう古いんですか? のお話です。

お楽しみに

 

 

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
前月 翌月

アーカイブ

バックナンバー

ページトップへ