黒柳 一聡 <営業・現場監督> | スタッフ紹介 | 外断熱 東京 注文住宅 長期優良住宅 黒柳建設

スタッフ紹介

黒柳 一聡 <営業・現場監督>

経 歴

黒柳建設は自分が生まれた1980年に創業したので、自分と同い年歳なんです。
仕事一筋の親父は子供の頃の自分にとって、ほとんど家にいなくて怒ると怖い親父でした。
土日も打ち合わせなんかで家にいなかったので、遊んでもらったりどこかへ連れてってもらった記憶はほとんどありません。
どっちかと言うと叱られてばっかりだったんで、怖くて嫌でした。
ただ、今でも覚えているんですけど確か5歳くらいのころに子供の気まぐれで親父に手紙書いたことがあったんですよ。
「いつも夜遅くまでお疲れ様、お仕事頑張ってね」って。
やっぱり嬉しかったんですかね、次の朝手紙にビッシリ返事が書いてあったんですよ。
内容はちょっと思い出せないんですけれど、その時子供心に感じた気持ちは忘れようがありません。
それからは会社の人に構ってもらったり、忘年会で大工さんに可愛がられたり、事務所で遊びまわったり、家族旅行=社員旅行だったりと、その頃から黒柳建設と係わる機会が多かったですね。

長男ということもあり将来は同じ道に進みたいと漠然と思い始めたのが中学に入る頃で、大学を受験する頃には後を継ぐつもりで親父と同じ大学に入りました。
大学3年時、そろそろ就職活動を始めようかと考えていたら親父が勝手に「いい家」を作る会のマツミハウジング㈱さんまで出向いて松井修三会長(当時社長)に「息子をお願いします」って話をしてきたらしく、「修行先決めてきたから」って言うんですよ。
こっちはそんなこと考えてもいなかったので久しぶりに口論になりました。
自分はゼネコンや大手で勉強したいんだ!って。
しかし今になってあの頃親父の言っていたことは正しかったんだって思えるようになりました。
マツミハウジング㈱さんでは技術的なこと以上に「信条」を初めとするその志の高さを間近で感じ、たくさんの薫陶を受けることができました。本当に感謝しております。この場を借りてお礼申し上げます。

結局こうやって一緒に仕事をすることになったのですが、これから親父から学び取らなくちゃいけないことが山積みなので、少しでも長く現役を張っていて欲しいですね。

 

ページトップへ