第2回「電気ガス体感比較勉強会」レポート 前編 | イベント報告 | 外断熱 東京 注文住宅 長期優良住宅 黒柳建設

イベント報告

第2回「電気ガス体感比較勉強会」レポート 前編

平成21年12月11日(金) 

東京電力東京ガス、両ショールーム様のご協力の下、

第2回 「電気ガス体感比較勉強会」 を開催しました。





最初に

前回、黒柳建設社長含めて、合計6人もの参加を頂いた、第1回「電気ガス体感比較勉強会」。

基本的に現在打ち合わせ中のお客様にお声掛けをしました。

また、「行きたい」という気持ちはあるのですが、日程の都合上参加できなかった方もいましたので、

こういう体感して比較できる催しは潜在的なニーズがあるのでは、と第2回の開催に漕ぎ着けました。

コンセプトとしては前回と同様に、オール電化住宅とウィズガス住宅をより良く知るために、

キッチンの使い勝手から入って頂き、最新の省エネ機器の勉強もできる勉強会となっております。

 

オール電化住宅とウィズガス住宅、

環境に優しくて、光熱費が安く済むってよく聞くけど、

実際、両方の使い勝手はどうなんでしょうか?

どっちがエコで省エネで経済的なエネルギーなんでしょうか?

両方を両社のショールームで実際に体感して、比較して、評価してみたい!

 

前回と同じく、東京ガス多摩ショールーム、東京電力立川Switch!Station! の両ショールーム様にご協力頂き、

第2回「電気ガス体感比較勉強会」を開催致しました。

両ショールーム様とも、「エンドユーザー様にもっと(ガスの・電気の)良さを知ってもらいたい!」と、

快く引き受けて頂き、本当にありがとうございました。再度厚く御礼申し上げます。

 


当日の行程

10:00 黒柳建設事務所集合 出発

10:30 東京電力Switch!Station立川

     ・・・・・IHクッキングヒーター調理体験、試食
     ・・・・・エコキュート・蓄熱暖房器実機見学、オール電化住宅に関する説明

13:00 東京ガス多摩ショールーム

     ・・・・・エコウィル・エネファーム実機見学、床暖房体験、ミストサウナルーム見学
     ・・・・・高機能ピピッとコンロ調理体験、試食


     ・・・・・「電気ガス体感比較勉強会」評価アンケート記入

16:00 黒柳建設事務所(または最寄り駅)にて解散




東京電力Switch!Station立川 IHクッキングヒーター調理体験




東京電力Switch!Station立川では、IHクッキングヒーターによる、調理体験を行いました。





本日は、新築検討中のお客様2名、黒柳建設原田と黒柳(聡)の、合計4名で参加しました。

あ、ちなみに黒柳(聡)は写真係りです(笑)。


 

まずは講師の方が一通りの見本調理を行った後、実際にそれぞれ体感して頂きます。

本日のメニューは、

・高菜とちりめんじゃこのチャーハン
・グリルした秋野菜の豆腐ディップ
・カラリと揚げたサーモンのリンゴおろし仕立て
・出汁巻き卵
・きなこの豆乳ブランマンジェ

どれもこれも美味しそうです。



何度見ても「反則的・・・いやいや十分反則な裏技」だと思うのがこちら。

揚げ物調理中に新聞紙やクッキングペーパーを油避けに使ってしまうこと。

ガスで揚げ物をしている際、油に引火して火事になってしまうので、可燃物は厳禁なのですが、

IHクッキングヒーターは火が一切出ないので、引火する危険性は全くありません。




「紙に引火して危険なら、火を使わなければいいじゃない」




・・・・・なんですか、この逆転の発想は!?

「パンが無いなら、お菓子を食べればいいじゃない」とか仰った、マリーアントワネットといい勝負です。



むろん、火を使わなくても油を加熱し続ければ自然発火するのですが、そこはしっかりセンサーが働いて、

油の自然発火温度より何十度も低い温度で加熱を停止してくれるので安心です。




こちらはチャーハンをIHの高火力鍋底調理で調理中です。

ちなみに手前の揚げ物鍋ですが、センサーと連動して油が180℃の温度で一定に保たれています。

ガスコンロのように延焼による上昇気流が全く無いため、周りに食材を置いても大丈夫です。

また、IHコイル上のみが加熱するため、左の食材やパットは一切過熱しません。

キッチンが広々と使えますね。




そうこうしているうちに、次々と料理ができていきます。

・高菜とちりめんじゃこのチャーハン



一人分ずつ小皿に分けて用意して頂きました。

・カラリと揚げたサーモンのリンゴおろし仕立て



出汁巻き卵も、IHならではのコイル上の温度差を利用した調理法を実演してもらいました。

こうやって、鍋の加熱したい箇所だけをコイル上にのせれば、鍋の半分だけ加熱して、

半分は加熱しない、といったガスコンロにはできない調理法が可能です。

これもIHクッキングヒーターならではの、裏技と言えますね。



ちょっと、裏技多すぎです。



それでは、いただきます!!

チャーハンがパラリとしてて、サーモンの揚げ物もカリカリです。

グリルで素焼きした秋野菜はさっぱりとしてて、豆腐ディップを付けるとさらに美味しかったです。

ちなみに最近のグリルは、魚を入れて焼き方を選んでスイッチを入れるだけで、

後はセンサーがグリル内の様子を自動で判断して焼いてくれます。

もう何度も覗いたり、引き出して見たり、ひっくり返したりしなくて良いのです。

便利になったもんです、ホント。



試食の後は、稼働中のエコキュートの実機や、各メーカーのIHクッキングヒーターを見学しました。

また、当日は蓄熱暖房器:スティーベル社のエルサーマットの実機が動いていましたので、

実際に暖かさを体験することができました。

ちなみに黒柳建設は、東京電力さんプッシュのエルサーマットではなく、

過去には日本ゼネラルアプライアンス社のクレダ(2009年7月販売終了)、

最近ではディンプレックス社のユニデールを標準使用しています。

蓄熱暖房器は割引率の高い夜間電力で蓄熱し、輻射熱により部屋を心地よく暖める、

高気密高断熱住宅に最も適した暖房器具です。



当日は小雨もパラつき、特に寒かったので蓄熱暖房器の良さが体感できたと思います。

・・・・・夏では絶対に体感できませんから。


それでは、時間となりました。

午前の部、東京電力立川Switch!Station!、IHクッキングヒーター調理体験を終え、

次は東京ガス多摩ショールームへ向かいます。

ページトップへ