第3回「電気ガス体感比較勉強会」レポート | イベント報告 | 外断熱 東京 注文住宅 長期優良住宅 黒柳建設

イベント報告

第3回「電気ガス体感比較勉強会」レポート

平成22年3月21日(日) 

東京電力東京ガス、両ショールーム様のご協力の下、

第3回 「電気ガス体感比較勉強会」 を開催しました。



最初に

なんだかんだと恒例になってきました「電気ガス体感比較勉強会」。

今回は特に一般告知はせず、現在打ち合わせが進んでいるお客様だけを対象に行いました。

これからは打ち合わせ中のお客様、OBのお客様のみを原則対象にさせて頂きます。



前回がお客様2名と、参加者が大変少なかったので、今回は東京電力さん、東京ガスさんに

無理をお願いして、日曜日に「電気ガス体感比較勉強会」を開催しました。

オール電化住宅とウィズガス住宅、

環境に優しくて、光熱費が安く済むってよく聞くけど、

実際、両方の使い勝手はどうなんでしょうか?

どっちがエコで省エネで経済的なエネルギーなんでしょうか?

両方を両社のショールームで実際に体感して、比較して、評価して欲しい!

あの時ちゃんと調べれば、とならないように納得して選んで欲しい!

 
 

会場は前回と同じく、東京ガス多摩ショールーム東京電力立川Switch!Station! の両ショールーム。

両ショールーム様とも、「日曜日でもウチはOKですよ!」と、

快く引き受けて頂きました。

本当にありがとうございました。


当日の行程

09:45 黒柳建設事務所集合 出発

10:30 東京ガス多摩ショールーム

     ・・・・・高機能ピピッとコンロ調理体験、試食
     ・・・・・エコウィル・エネファーム実機見学、床暖房体験、ミストサウナルーム見学、足湯体験

13:00 東京電力Switch!Station立川

     ・・・・・IHクッキングヒーター調理体験、試食
     ・・・・・エコキュート・蓄熱暖房器実機見学、オール電化住宅に関する説明

     ・・・・・「電気ガス体感比較勉強会」評価アンケート記入

15:00 東京電力Switch!Station立川で現地解散

今回は前2回とは順番を変更し、ガスを先に、電気を後に持ってきました。

「後出しジャンケンの法則」だったのか、2回とも午後に訪れたガスの勝利に終わっているからです。



東京ガス 多摩ショールーム 高機能ピピっとコンロ調理体験

到着するなりすぐに調理室に通されます。

今回案内してもらった部屋は、いわゆるプロユーザー向けのスペースで、

一般には開放されていない特別なお部屋です。

そのため写真撮影が禁止されておりましたので、体験中の写真はありません。


メニューはチキンとパプリカのグリル焼き。

舞茸の天麩羅。

ガスコンロで炊きたてご飯。

野菜炒め。

コロッケやパンをグリルでカラっと温め直したもの。




最後にダッチオーブンで作った豚肉とポテト・ニンジンのオーブン焼き。



皆様、ご自宅のガスコンロは普段使っているので、結構わかったつもりなのですが、

やはり最新のピピッとコンロは全然違うことに驚かれてました。

センサー、タイマー、温度調整機能、火力調整機能、自動ご飯炊き機能など、

最近のガスコンロには様々な機能が付随しています。

「すごーい」や「へぇー」

が止まりません。楽しくて美味しいので、皆さんも一度どうですか?



試食後、東京ガスの課長さんの案内で、ショールーム内を見学させてもらいます。


エコウィルとエコキュートのシャワーの湯量比較の展示物や




カラーバリエーション豊かなお洒落な最新ガスコンロ、




屋上での足湯体験、これは洞爺湖サミットで展示したものを、こちらに移築したものです。

これで、間接的には世界の首脳と裸の付き合い(足だけ)をしたことになったり、ならなかったり。

風が強い日でしたので、ちょっと外階段を登ったり降りたりが怖かったです。

この辺りでちょうど時間となりましたので、東京ガス・多摩ショールームを後にします。



東京電力Switch!Station立川 IHクッキングヒーター調理体験


いつもとは逆に、午後にお伺いしました、東京電力Switch!Station立川。

午前中の比較調理体験でガスのメリットをインプットされたお客様。

いつもとは違う順番になんとなく慣れない黒柳(聡)。

今日こそは!とリベンジに燃える東京電力の営業さん。

そんな三者三様の思惑が入り乱れ、午後の部が静かに幕を開けました。




とは言っても、基本はIHクッキングヒーターの調理体験。

使い方の説明、お手入れのラクチンさ、特に安全性を強調し、

調理も揚げ物、焼き物、炒め物、そして湯煎したデザート。

この流れは基本的に変わりません。


講師の先生の隣でチャーハンをかき混ぜるわくわく様奥様

基本IHは鍋底調理なので、炒め物をする際も鍋を振る必要はなく、

かき混ぜるとチャーハンがカラっとパラリに仕上がります。


揚げ物も機械が油の温度調整を自動的にしてくれるので、お鍋の中に集中できます。

2口のIHを同時使用して、どんどんと料理ができていきます。


ここでわくわく様ご主人もチャーハンを調理体験。

おぉー、鮮やかな手つきです。



さ、料理の出来上がりです。

出来立てのチャーハンがホコホコと湯気を出しています。


食後は東京電力の営業さんより、低炭素社会へSwitch!なお話をしてもらいました。

オール電化住宅の利点は、

安全性、経済性、利便性、そして環境に大きく貢献できること。

便利で快適な生活を維持しながら、それでいてエコな家。

これからの住宅業界はそんな家が当たり前になっていくことでしょう。



ガス VS 電気 あなたが選ぶのは・・・・・どっち!?


それでは最後にアンケート記入です。

こちらは、アンケートとは名ばかりで、中身はどっちが良かったか、を細かく勝ち負けを書いてもらう

電気屋さんとガス屋さん、双方にとってはなんともアレげなものになっております。

今回までは点数制ですが、次回からはより直接的にどっちの料理ショー形式にするつもりです。


設問:体感比較を終えて、電気とガスどちらを選びますか?

ガス:2名

「炊きたてご飯が美味しかったし、野菜やお米の本来の味を引き出してくれると思う」
「火力の強さ、子供には火を使って料理を教えてあげたい」

電気:1名


「料理はガスの方が美味しいのかもしれないが、使いやすさから電気かなと思った、特に掃除の仕方」


これで東京ガスさんの3連勝が確定しました。

しかも今回は後出しジャンケンではありません。

それぞれ具体的な理由も書いてもらいました。



最後に本日の感想をお伺いしたところ、

「ガスか電気化比べてみなくては分からないことがたくさんあった。」
「貴重な体験だった」
「食べ比べできたのが面白かった、貴重な体験でした」

でした。


次回の「電気ガス体感比較勉強会」は、6月半ば頃を目処に開催予定です。

ページトップへ