子どもたちもわくわく!家族みんなで考えました。 | お客様の声 | 外断熱 東京 注文住宅 長期優良住宅 黒柳建設

お客様の声

  • お客様訪問記
  • お住まいのお客様~インタビュー~

子どもたちもわくわく!家族みんなで考えました。

東京都 A様邸

家族構成 夫婦+子供3人
工法・構造 木造軸組工法(外断熱)
竣工年月 2005年3月
敷地面積 75.11㎡
延床面積 125.07㎡

新築STORY 間取りの魔法


 

新築STORY

落ち着いた雰囲気の住宅街にあるA様邸。外見はオーソドックスですが、エントランスに立つカエルくんのポストが、楽しさを予感させます。「家族の希望が全部詰まった家ですからね。気に入って当たり前。黒柳建設さんに出会えて、本当によかった」とご主人。

 

「2階のダイニングキッチンです。家族が食卓でしゃべっている時に、自分ひとり背中を向けてお皿を洗うのはさびしいという妻のたっての希望で、オープンキッチンにしました。壁側の食器棚との距離をどれくらいにしたら動きやすいか、実際に黒柳建設さんのスタッフが、自分たちの体で測ってくれたんですよ!またカウンターを横の壁にくっつけずに、周りをぐるっと回れるようになっているのですが、これが結構使い勝手がいいんです。テーブルの上と後ろの吊戸棚の上は吹き抜けになっていて、曇っている日でも明るいです」

 

「というわけで、吹き抜けは子どもの遊び場です。回り廊下の両端に子どもたちの部屋があります。回り廊下があると、ちょっとした遊びのスペースができていいですね。子どもたちは学校でつくったものを置いたりしています」

 

 

 

「収納スペースが多いのも黒柳さんの特徴。階段のところの収納は、段差をうまく利用して、ビルトインガレージの上の部分に空きスペースをつくってくれたもの。奥行きがあるので、スキー板なんかも入ります。さすがプロですよね。洗面やお風呂は1階にして、陽当りのいい明るい場所をリビングや子ども部屋にしました。でも洗面所も明るい雰囲気でしょ?2ボウルにして、5人分のタオルがかけられるようにしてあります。外断熱の家なので、すぐに乾くんですよ」

 

 

 

「子どもたちもそれぞれ自分の部屋をもらいました。ロフトは秘密の場所みたいでお気に入りのようです。私たちは家を建てると決めてから、何社かに設計を依頼しましたが、圧倒的によかったのが黒柳さんでした。最初『住宅調書』に「敷地の広さや予算は抜きにして、希望を全部書いてください」と言われた時には「どうせできないよ」と思いながら、この際だ、全部書いちゃえと、軽いノリで書いたのですが、プランを見てびっくり!100%とは言わないまでも、ほとんど希望通りでした。できないことについては代わりの案が書き込んでありましたし。それで信頼感・親近感がグッと増しました」

 

 

「建築費に関しては、ほぼ想定内でした。家を建てると決めてから3年間はいろいろと勉強していましたから、自分の望む外断熱工法で建てれば、これくらいになるというのはわかっていました。小さい家は大きい家よりコストメリットを出しにくいことも知っていましたしね。でも想定外だったのは黒柳さんの設計。これはすごかった。予想をはるかに上回るできばえでした。家の中が快適だというのは、本当に心も体もリラックスできるんですね。これから家を建てようという方には、ぜひ妥協しないで、信頼できるつくり手を探されることをアドバイスしたいです。あきらめさえしなければ、きっと見つかりますよ。そしてもう一つ大事なことは、夫婦が気持ちを合わせて頑張ること。家づくりはとてもエネルギーの要ることですから、支えあいが大切だと思いますよ」

 


 

間取りの魔法

仲良し家族の注文は、「明るくて」「家族が集まる場所が快適な」家。そこで、陽当りのいい2階にリビングをつくり、上を大きな吹き抜けにして、3階の子ども部屋からもすぐに見えるようにしました。

5人分の家族の荷物がゆったり収納できるよう、収納場所もたくさん。「ほしいものが全部実現しちゃった」と喜ぶA様ファミリーです。

 

 
採光の術

1階から3階まで、太陽の光が射し込むよう、強化ガラスを使っています。1階のトイレにも、外から見えず光だけを取り込む位置に窓が。

 

 
① 収納の術その1

ガレージの上の空間を利用して、収納スペースをつくりました。奥に長いので収納力はバツグン!

 

 
② 小回りの術

キッチンカウンターを横の壁につけてしまわず、人ひとりが通れるようにしました。ちょっとしたことですが、お客様があったときなど、動きやすさが違います。

③ 収納の術その2

床下収納が多いのも、黒柳の設計の特徴です。この和室のほか、キッチンにも床下収納が。空きスペースは見逃しません。

 
④ 境目の術

隣家との間にサービスバルコニーを設けることによって、目隠し兼ガーデニングスペースを生みだしました。それによってリビングは、大きな窓を確保しつつ、視線や圧迫感を感じることのない空間に。

 

 
⑤ 仲良しの術

みんなが集まるリビングの上を大きな吹き抜けに。3階の子どもたちの気配もよくわかります。こうやって降りることもできるんだよ!?

 

 
⑥ 片付け上手の術

子ども部屋の上にベッドスペースとしてロフトをつくりました。おかげで部屋はよく片付いてスッキリ!

ページトップへ