明るく開放的な空間設計と1センチ単位の攻防でほっとできる心地よさと楽しさのある外断熱3階建て住宅 | お客様の声 | 外断熱 東京 注文住宅 長期優良住宅 黒柳建設

お客様の声

  • お客様訪問記
  • お住まいのお客様~全て~

明るく開放的な空間設計と1センチ単位の攻防でほっとできる心地よさと楽しさのある外断熱3階建て住宅

稲城市 T様邸

T様邸は東京都稲城市、近頃鶴川街道が整備され、交通の便がとても便利になった矢野口駅周辺の川沿いの好立地に建つ外断熱3階建て住宅です。
2階リビングが広々と開放的なプランが特徴の、敷地約23坪の都市型狭小住宅です。
リクルート社刊「東京で家を建てる」2006年夏号、「黒柳建設的住宅実例集PART4」にも登場頂きました。
(2005年3月竣工)
(2009年10月訪問)

 

1.お客様ご紹介

東京都稲城市T様邸は、近頃鶴川街道がとても便利に整備された矢野口交差点周辺、
南武線矢野口駅と京王線京王よみうりランド駅の中間、南が川沿いに面した好立地に建つ
敷地23坪、外断熱3階建ての都市型狭小住宅です。

 

(日当たりの良い南面から最大限採光できるよう配置した、大型の引き違いサッシ)

道路を挟んで、すぐ南が三沢川という川に面しているため、最高に日当たりが良い素晴らしい立地です。
さらに川向こうに徒歩1分には、大型スーパーがあり、
南武線と京王線の駅には徒歩数分、ガレージから3回曲がれば鶴川街道に出られるといった
生活環境が恵まれ過ぎる、と言っても過言ではない良い土地です。


(写真右端がT様邸 正面は川沿いの遊歩道 夕方はワンちゃんの散歩のメッカになるとか)


(川向こうの白い建築物は、大型スーパーの駐車場です どんだけ入るんでしょう)

9月に開催しました、「電気ガス体感比較勉強会」に奥様がいらっしゃった折に、
今回のお住まい訪問記の快諾を頂き、お邪魔致しました。

奥様:「オール電化リフォームをするつもりだったのに、ガスもいいかなーって思い直しちゃった」

むう、それは我々としては、お仕事になりませんでしたので、少々残念です。
ですが、比較して納得して選んで頂くのが一番ですから、良い判断材料になって良かったです。

鶴川街道の整備に伴う区画整理に、当時お住まいの建て売り住宅が引っ掛かったことから始まった、
T様の家づくりの物語。


(写真奥のテーブルで色々とお話をお伺いしました こちらはリビング隣の畳スペース)

家づくりの主役だった奥様と、そんな奥様の隣でにっこり微笑まれているご主人にお話を伺いました。

 

 

 

2.黒柳建設とのご縁は?

以前は建て売り住宅に住まれていたT様一家。
しかし夏暑いのが難点で、いつかは建て替えを・・・・・と考えていたところ、
鶴川街道の拡張・整備のために敷地が区画整理に引っ掛かってしまいました。

ちょうど渡りに船だったのですが、代替の土地との相性が悪く、何度も何度も交渉の結果、
現在の素晴らしい土地を手に入れることができたそうです。

奥様:あのときは難航したわね~。

結構な時間が掛かったようですが、納得のいく土地が手に入りました。
しかし、敷地は約23坪。
住宅展示場やモデルハウスも回られたのですが、夢の住宅を謳うメーカー系が出してくるプランは・・・・・。

奥様:だって「つまらない」んですもん。

と、なかなか上手くいきませんでした。


(住宅情報誌にも掲載されたT様邸の2階LDK 大空間LDと畳スペースがお気に入りです)

黒柳建設との出会いの切っ掛けは、とある住宅情報誌でした。
もともと、松井修三「いい家をつくる会」代表の「いい家が欲しい」を読まれており、
建てるならこの工法で!と、外断熱工法に決めていたとのこと。

雑誌に掲載されている空間写真が気に入った奥様にヒットしたのが、黒柳建設だったのです。

奥様:木質感溢れる気持ち良さそうな空間が一目で気に入って、
調べてみたら、外断熱も狭小敷地もやっている黒柳建設さんだったんです。
まさに縁ですよね。

T様とのご縁はこれだけではありません。
なんと、T様のご子息が当時働いていたレストランで、黒柳建設は忘年会を開いたことがあり、
息子さんも黒柳建設のことをご存知だったのです。

偶然とは言え、ご縁は重なるものですね。
後で知ってお互いに相当ビックリされたようです。


(3階吹き抜けから見下ろすと木質感が比率良くまとまっているのがわかります)

土地良し、相性良し、そして普通の家は建てたくない!との気持ちを胸に、
T様邸の家づくりの物語が開演しました。

 

 

 

3.黒柳建設に決めた理由・打ち合わせのエピソード

最初こそ住宅展示場などを見ていたT様でしたが、当時何社で検討されていたのでしょう?

奥様:それが黒柳建設さん以外は1社も無いのよ。
大体仮住まいのマンションで打ち合わせをしたんですけれど、
担当の女性がすごく理解が早くて、こちらの話している内容をぱっと理解してくれたんですよ。

 

(ノーリツ製キッチンは2階北西角にあり、サービスバルコニー付き 吹き抜けのトップライトで明るいです)

打ち合わせが進むにつれて、決めていかなければならない事が増えてくるので大変だったと思います。

奥様:それがそうでもないのよ。
照明とか決めていくのは結構楽しかったわよ。
キッチンとかは特にこだわらなくてよかったので、
ウチの設備はほとんど黒柳建設さんの標準品よ。

な、なるほど。
楽しみながら打ち合わせが進んだようで、なによりです。

 

(リビングから3階の息子さんの部屋に登るスリップ階段 3階のホールの床には採光の為のガラス床が)

今回、T様邸にお邪魔してびっくりしたのが、3人で暮らしているというのに、
生活の物がほとんど見当たらなかったのです。
どういうことでしょう。

奥様:もう散らかっているのが一番イヤなんです。
1階の寝室隣に収納があるんですけど、そこに入れる物を全部決めて、
全部の寸法を測って収納を作ったので、キレイにピッタリ納まってますよ。


(1階の南面にあるご夫婦の寝室 手前の和室で空間が切り替わって広く感じます 奥様のお気に入り)

上写真の左に見切れている引き戸を開けると、3.0畳の収納室があります。
その収納室と、幅1.8メートルの収納に、全ての生活用品がぴったりと収納されている様は
まさに「収納上手」を地でいく奥様が見せた神業でした。

皆様にお見せできないのが、非常に残念です。

寝室も写真の通りで、ホテルみたいにピシっとした空間です。
和室スペースがあることで、広く感じるところがとってもお気に入りだそうです。

 

 

 

4.工事中の思い出・引っ越してからの住み心地

着工は秋口11月でした。

奥様:住んでいたマンションから徒歩5分くらいだったから、良く見に来ましたね。


(リビングから畳スペース・スリップ階段方面には蓄熱暖房器クレダがあります・・・・・クマが乗ってる?)

地鎮祭、上棟式、木完、竣工、引渡しと工程は順調に流れました。

奥様:確か引っ越しが3月の31日だったのよ。

現在、お住まい5年目ですが、住み心地はいかがでしょう?

奥様:家の臭いが5年経っても無いですね。
それに前の家だと冬は吐く息が白く見えたのに、
今は窓の結露すらほとんど無いですよ。

特に冬場は外断熱パワーを特に感じますよね。

奥様:ウチは暑いのがダメな代わりに、寒いのは結構大丈夫なのよ。
だからクレダも12月~2月の3ヶ月しか使わないのよね。
それで深夜電力の基本料金がもったいないから、
オール電化住宅にしようと思ったんだけど・・・・・。

現在、T様邸は熱源にプロパンガスを使っているので、オール電化住宅にすれば、
東京電力の電気料金プラン「電化上手」に契約変更して、光熱費がいくら削減できるか、
まで奥様は勉強されました。

しかし、エコキュートが予想外に大きかったことや、
東京ガスのショールームで見た高機能ガスコンロ・ピピっとコンロ等を見て、
今回はオール電化リフォームは見送りになりました。

奥様:エコキュートがあんなに大きいとは思ってなかったのよ。


(くつろぎのリビングの外は木製手摺のバルコニーがぐるっと回っています)

当初から予定をしていればいくらかスペースを作ることもできたかもしれないのですが、
返す返すも残念です。

 

 

 

5.黒柳建設で家づくりを検討中の皆様へ一言

それでは最後に、黒柳建設で家づくりを検討中の皆様へ一言お願いします。

奥様:そうですね、色々なお話が聞けましたし、なるほどと思うことが多くて楽しかったです。

黒柳建設社長のべしゃりっぷりはそれはもう凄いもんです。

話は飛びますが、黒柳(聡)が高校生のころ、
バイトから帰ると大体時間が社長の帰宅時間でしたので、
夕飯は2人まとめて取ることが多かったのです。

食事中の話題は、8~9割が仕事、というかお客様の話で、
大体毎回2時間くらい、長い日には朝の4時くらいまで話していたこともありました。
まぁ、一方的に聞いていただけなんですけど。

よく話す内容が尽きないものです。
・・・・・聞いてる方も聞いてる方ですけど(笑)


(奥様のご趣味の窓飾りの小物 四季に合わせてチェンジするそうです) 

奥様:もう、全部納得済みになるまで打ち合わせをしましたから、
全く後悔はないですね。

もちろん、住んでみて色々と気付くことはあるかと思いますが、
「全く後悔はない」と言い切れる奥様は、本当に家づくりを楽しんでやり遂げられたお顔をしていました。

一つだけ、笑い話と言うか、痛い経験と言うか、写真中央の鉄骨製のストリップ階段なんですけど、
これ、みんな何度も頭をぶつけているそうです。
しかも鉄骨の角なので、相当痛いとのこと。

奥様:これは気付かなかったわー。

現在では、ちょうど危ない位置に観賞用植物を置いて、目印にしています。
ストリップ階段設置の際には十分注意が必要ですね。
我々も注意いたします。

奥様:もうね、忘れた頃にまたぶつけちゃうのよ。

試しにワザと頭をぶつけてみました。

ゴンッ!

確かに、軽くのはずなのに、相当痛かったです、マジで。

 

 

 

6.訪問と取材を終えて

土曜日の午後、稲城市T様邸にお邪魔しました。
ご夫婦でお時間を取って頂き、まことにありがとうございました。

あれ?
そういえば、ご主人はほとんど口を挟まなかったような・・・・・。

取材メモを見直しても、全部奥様のお話しされた内容ばかりです。
奥様が色々と喋っているのを、横でニコニコと頷いていらっしゃいました。
社長、T様のところは奥様主導で家を建てたんでしょうか?

社長:そうそう、T様ご夫婦は奥様メインで話がどんどん進んで、
ご主人はあまり口を挟まなかったかな。

ウチの設計と奥様の波長がピッタリだったみたいで、
打ち合わせが本当に楽しそうだったなぁ。

なるほど、なるほど。

 

(家中あちらこちらに奥様のセンスが光る可愛い小物が一杯です 四季に応じて全部変えているとのこと) 

社長:ただT様ご夫婦は、本当に仲が良くてねぇ。
休日もよくお2人でお出かけをしてるんだよ。
まるでウチみたいな感じだったね。

それはそれは。

夫婦円満の秘訣は、快適な家にありと言うことでしょうか?
私はまだ所帯を持ったことがないので、わかりかねますが。

ただお二人のお顔が本当に楽しそうに、嬉しそうにされていたので、
自然とこちらも笑顔になっていった今回の訪問記。
3時間という長い時間お付き合い頂き、本当にありがとうございました。

これからも幸せに健やかにお過ごしできるよう、黒柳建設が微力でもお手伝いできればと思います。
末永いお付き合いをよろしくお願いします。

 

取材・文章 黒柳一聡

ページトップへ